*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その29

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d65cab8714近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その29
ロビーも広く休憩中にはワインやビールも頂けそうだ。

大ホール

大ホール

大ホール(グローサー・ザール)は何かのリハーサル中でした。
お静かに…。

小ホール

小ホール

小ホールは多目的のようですねぇ。
活気があって市民に活用されている感じですね。
シュタイン社長ご案内いただいてありがとうございました。
貴重な体験でした。
さあ、明日からはいよいよドイツの名門ピアノメーカー・グロトリアン工場内部に深く侵入だぞ~。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

ショパンの時代のピアノ

ショパンの時代のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その9

ピアノが語ってくれたもの-その9 タッチの種類とサウンドポイント Q.タッチについて具体的に話し

記事を読む

DSC_0608-2-977x550

グロトリアン Cabinet 

GROTRIAN Cabinet その姿、音色どちらをとっても、キャビネットに無駄な要素はいっさい

記事を読む

ユニット、パリャーソが茗荷谷に今年も登場!

続木 力(harm., recorder) 谷川賢作(pf)のユニット、パリャーソが茗荷谷に今年も登

記事を読む

ベヒシュタイン新品ピアノと中古ピアノの違い その3

ベヒシュタイン その音色の美しさ ・ベヒシュタインの新品価格と中古価格  新品の価格はグラン

記事を読む

ハンマーヘッド

ハンマーヘッド ピアノが語ってくれたもの-その18

ピアノが語ってくれたもの-その18 フェルトハンマーが語るピアノキャラクター Q.フェルトハンマ

記事を読む

PAGE TOP ↑