*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その6

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d621f1281aグロトリアンに行ってきた その6
ハノーファー駅からはグロトリアン日本輸入総代理店社長のK.バンダさん運転の「スコダ社製」レンタカーが待っていてくれた。
ウィーンの3羽ガラス「パウル・バドゥラ・スコダ」とは何の関係もないようだが…。
そーいえば昔、武蔵野音大芸術祭にいらした時、ベートーベンホールでのコンサート調律のお手伝いをさせていただいたっけなぁ。
かっこいいマント姿で、とても背の大きな人ですよねぇ。
さてさて、このチェコ製自動車メーカーは戦車も作っているとか?
ところで、ヨーロッパの車はマニュアルシフトの6速でディーゼルが多い。
左ハンドルの6速シフト!う~ん日本では運転しにくそう…。
アウトバーンを飛ばすこと50分、コンサート調律の神様・杵淵さんも50年前に来たブラウンシュバイクにやっとたどり着いたのであった。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

DSC_0600-2

グロトリアン フリードリッヒ 新品 入荷しました 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロトリアン 甘い音色

記事を読む

ピサの斜塔

ピサの斜塔 ピアノが語ってくれたもの-その24

ピアノが語ってくれたもの-その24 なんたるのんき? Q.二つ目の価値観は? A. もう一つは

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継

記事を読む

インハーモニシティー データ

インハーモニシティー データ ピアノが語ってくれたもの-その15

ピアノが語ってくれたもの-その15 弦設計が語るピアノキャラクター Q.弦設計がメーカーのコンセ

記事を読む

steinway

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -5

・ヨーロッパピアノ、ピアノに対する考え方 ヨーロッパピアノメーカーにとって最も重要な事は音色と響き

記事を読む

PAGE TOP ↑