*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その6

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d621f1281aグロトリアンに行ってきた その6
ハノーファー駅からはグロトリアン日本輸入総代理店社長のK.バンダさん運転の「スコダ社製」レンタカーが待っていてくれた。
ウィーンの3羽ガラス「パウル・バドゥラ・スコダ」とは何の関係もないようだが…。
そーいえば昔、武蔵野音大芸術祭にいらした時、ベートーベンホールでのコンサート調律のお手伝いをさせていただいたっけなぁ。
かっこいいマント姿で、とても背の大きな人ですよねぇ。
さてさて、このチェコ製自動車メーカーは戦車も作っているとか?
ところで、ヨーロッパの車はマニュアルシフトの6速でディーゼルが多い。
左ハンドルの6速シフト!う~ん日本では運転しにくそう…。
アウトバーンを飛ばすこと50分、コンサート調律の神様・杵淵さんも50年前に来たブラウンシュバイクにやっとたどり着いたのであった。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

グロトリアンコンサートロイヤル

輸入ピアノ グロトリアン コンサートロイヤルを弾いてみませんか?

クララシューマンが愛し続けたピアノ それはグロトリアン! グロトリアン コンサートロイヤル

記事を読む

IMG_3808

GROTRIAN Studio クロームモデル 新品 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

アクセス グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音色とシンギングト

記事を読む

DSC_0608-2-977x550

グロトリアン Cabinet 

GROTRIAN Cabinet その姿、音色どちらをとっても、キャビネットに無駄な要素はいっさい

記事を読む

DSCF3079-225x300

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更

記事を読む

IMG_0231

輸入ピアノ 現在楽しく、悩ましくピアノ選び中です。

ベヒシュタイン その音色の美しさ[/intlink]   Q:現在楽しく、悩ましくピア

記事を読む

PAGE TOP ↑