*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その3

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d61e7ed680グロトリアンに行ってきた その3
さてさて、ドイツは遠い。地球はでかい!
私の恩師調律師の中にはヨーロッパへ行くのに当時シベリア鉄道で20日間もかけていった方もいらっしゃるのだが・・・。
今の時代は1ドル360円でもないし色んな事が便利になっている。
機内食も十分おいしいし。機内では日本語も十分通じるねぇ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

Bechstein A3 の納品調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   Bechstein

記事を読む

IMG_3808

GROTRIAN Studio クロームモデル 新品 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

https://youtu.be/TanybuYMaRQ グロトリアン Studio クローム

記事を読む

新旧スタンウェイ

スタインウェイ 129才スクエアー newB-211 78才ルイ15世 ピアノが語ってくれたもの-その34

ピアノが語ってくれたもの-その34 アナログ的ピアノ製作 Q.ところで、ピアノ製作の現状は悲観的

記事を読む

DSCF3079-225x300

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更

記事を読む

鍵盤初動の重さは?

鍵盤初動の重さは? ピアノが語ってくれたもの-その19

ピアノが語ってくれたもの-その19 ハンマー重量のジレンマとフェルトの採用 Q.なるほど、フェル

記事を読む

PAGE TOP ↑