*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その3

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d61e7ed680グロトリアンに行ってきた その3
さてさて、ドイツは遠い。地球はでかい!
私の恩師調律師の中にはヨーロッパへ行くのに当時シベリア鉄道で20日間もかけていった方もいらっしゃるのだが・・・。
今の時代は1ドル360円でもないし色んな事が便利になっている。
機内食も十分おいしいし。機内では日本語も十分通じるねぇ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

ザウターピアノ1

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -3

・輸入ピアノと国産ピアノの違い ヨーロッパピアノは日本だけでなく北南米、アジア諸国にも輸出されてい

記事を読む

ショパンの時代のピアノ

ショパンの時代のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その9

ピアノが語ってくれたもの-その9 タッチの種類とサウンドポイント Q.タッチについて具体的に話し

記事を読む

Mod.12n

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ Mod.12n[/caption] ・12n

記事を読む

26-1-180x300

ベヒシュタイン ミレニアム116K 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン ミレニアム 輸入ピアノに興味をもたれた

記事を読む

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由 輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方

記事を読む

PAGE TOP ↑