*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その3

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d61e7ed680グロトリアンに行ってきた その3
さてさて、ドイツは遠い。地球はでかい!
私の恩師調律師の中にはヨーロッパへ行くのに当時シベリア鉄道で20日間もかけていった方もいらっしゃるのだが・・・。
今の時代は1ドル360円でもないし色んな事が便利になっている。
機内食も十分おいしいし。機内では日本語も十分通じるねぇ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタイン

ベヒシュタイン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その30

ピアノが語ってくれたもの-その30 使用言語における母音の位置と意味 Q.フランス語もドイツ語も

記事を読む

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由 輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方

記事を読む

DSC_0352

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -1

・輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格が高い理由 様々な理由がありますが、大きな理由は「人件費と材料費

記事を読む

ノアン ショパンの部屋

サンドの別荘 ショパンの部屋 ピアノが語ってくれたもの-その8

ピアノが語ってくれたもの-その8 演奏者のスタイル Q.演奏者によって好みのタッチがあるのでしょ

記事を読む

IMG_0241-1024x752

ベヒシュタイン A3(B116 コンパクト) ウォルナット艶消 2010年製 3本ペダル

仕様:ベヒシュタイン A3(B116 Compact) ブランド ベ

記事を読む

PAGE TOP ↑