*

「BECHSTEIN・ナウ」その8 響板作り

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ記事, ベヒシュタインナウ

ベヒシュタインその音色の美しさ 
 blog_import_501d586403c09blog_import_501d586580c62blog_import_501d586273408
響板作り
響板はピアノの心臓部とよく言われます。ベヒシュタインの心は大きくて広いのよ。
弦の音を増幅し、求めるベヒシュタイントーンに近づくために材質や形状が重要になるそうです。
成長のゆっくりな木目の細かいフィヒテ材を使用しています。
響板(ベヒシュタインの心)は薄くて広いデリケートな部分です。じっくり寝かせて変化を見ながら最もいい物を使用してくれます。

パッサージュメニュー

新着情報

イベントリポート

ブログ 

おすすめ記事

「BECHSTEIN・ナウ」総集編

おすすめ記事

関連記事

プレイエルピアノコンサート

ピアノコンサート in France ピアノが語ってくれたもの-その26

ピアノが語ってくれたもの-その26 「レンガ積み文化」とピアノ A. 継続こそが文化でしょうね。

記事を読む

SONY DSC

ピアノパッサージュ 技術動画 調律編

ピアノパッサージュスタッフ調律師の作業 試弾ご予約受付中

記事を読む

ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン Mod.M-180 黒艶出

ベヒシュタインその音色の美しさ[/intlink] 仕様:BECHSTEIN Mod.M-18

記事を読む

フレーム仕上げ

フレーム仕上げ ピアノが語ってくれたもの-その33

ピアノが語ってくれたもの-その33 洋の東西 A. 使用言語を聴いて感じて、そのリズムを持つこと

記事を読む

DSC_0352

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -1

・輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格が高い理由 様々な理由がありますが、大きな理由は「人件費と材料費

記事を読む

PAGE TOP ↑