*

「BECHSTEIN・ナウ」その8 響板作り

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 おすすめ記事, ベヒシュタインナウ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 blog_import_501d586403c09blog_import_501d586580c62blog_import_501d586273408
響板作り
響板はピアノの心臓部とよく言われます。ベヒシュタインの心は大きくて広いのよ。
弦の音を増幅し、求めるベヒシュタイントーンに近づくために材質や形状が重要になるそうです。
成長のゆっくりな木目の細かいフィヒテ材を使用しています。
響板(ベヒシュタインの心)は薄くて広いデリケートな部分です。じっくり寝かせて変化を見ながら最もいい物を使用してくれます。

「BECHSTEIN・ナウ」総集編

おすすめ記事

関連記事

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

wh_panel_02

■輸入ピアノ ベヒシュタインが設計・製造するホフマン -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・ホフマンは輸入ピアノらしい個性ある音色を持ちつつ、

記事を読む

130430_1919~01

ベヒシュタイン L165の納入調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタインL165の納入

記事を読む

D282

BECHSTEIN  製造年 -製造番号

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ  BECHSTEIN  製造年 -製造番号

記事を読む

150822_1125

ベヒシュタイン 12b

BECHSTEIN Mod.12b 明るい色のウォルナット。 軽いタッチと響きの奥深さが魅力的で

記事を読む

PAGE TOP ↑