*

キルンベルガーの調律に行った!

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ調律

TS381495

知り合いのヴァイオリンの先生は、以前よりキルンベルガー調律のファンであった。
その先生の紹介でその音が気に入ってくれたお弟子さんのお宅へキルンベルガーの調律に行った!
キルンベルガー調律は、CDurが最も純正に近く響く1/4(四分の一)調律法のひとつだ。
この他に1/4古典調律には、日本で人気のヴェルクマイスター第1技法第3番など、数多く存在する。
ところで、サイバーチューナーにも数十種の古典調律法のデータがあり、指示通りに調律すれば、一応の響きは得られるのだ。このデータは、スミソニアン博物館に関係する調律師がデータを作ったらしい。
しかし、なんと、このデータ中に、ヴェルクマイスター第1技法第3番が無いそうで・・・。
アメリカではほとんど需要がないってことかな?
ヴェルクマイスター第1技法第3番は故 平島逹司先生が『ゼロ・ビートの再発見』で紹介されたことで日本でブームを巻き起こした。
もう25年くらい前になるだろうか?
当時、国立・楽器技術研究会の研修会に出版間もない平島逹司先生に公演をお願いしたっけ。
ピアノは国立音大の2台のコンサートフリューゲルを使用した。
1台は平均率。もう1台はヴェルクマイスター第1技法第3番で調律。
準備は朝からでTさんと2人で調律したっけ。聞き比べ演奏では、バッハの響きが感動的だったなぁ・・・。
古典調律は多くの純正を含む為、インハーモニシティーを持つピアノの調律は現在のサイバーチューナーでは事前サンプル数が少ないので、まだまだ不得意のようだ。
人間の耳のほうが修正が早く便利だなぁ。
エッヘン!!

おすすめ記事

関連記事

IMG_0231

輸入ピアノ 現在楽しく、悩ましくピアノ選び中です。

ベヒシュタイン その音色の美しさ[/intlink]   Q:現在楽しく、悩ましくピア

記事を読む

インハーモニシティーとテンションの分布図

インハーモニシティーとテンションの図 ピアノが語ってくれたもの-その17

ピアノが語ってくれたもの-その17 インハーモニシティーとテンション Q.同じくインハーモニシテ

記事を読む

シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂 ピアノが語ってくれたもの-その25

ピアノが語ってくれたもの-その25 大陸的発想?文化的発想? Q.成長し続けるってことでしょうね

記事を読む

フレデリック・ショパン

フレデリック ショパン ピアノが語ってくれたもの-その10

ピアノが語ってくれたもの-その10 使用状況のスタイル Q.ピアノのおいてある部屋の響きにも音は

記事を読む

IMG_0241-1024x752

ベヒシュタイン A3(B116 コンパクト) ウォルナット艶消 2010年製 3本ペダル

仕様:ベヒシュタイン A3(B116 Compact) ブランド ベ

記事を読む

PAGE TOP ↑