*

何をしている所でしょうか?  その3

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 ピアノ作り何をしている所?, ピアノ技術関連

019何をしている所でしょうか?  その3
答 響板に響棒を接着しクラウン(響板の膨らみ)をつける機械です。
写真の機械は160cmくらいのベビーグランドの響棒接着の機械です。
大きな大きなホタテ貝のようですね。
その2で接ぎ合わされた響板の厚みは最終的には8mm~12mmくらいに削られます。低音部を薄くしたり、高音部を厚くしたり、周辺部を薄くして中央を厚くするなど、メーカーの求める音によっていろいろ工夫が見られます。
響板は薄い方が振動しやすくなりますが、強度的には弱くなります。そのため響棒といわれる肋骨のような棒で補強します。(ピアノの後ろをのぞいてみて下さい。グランドは下からのぞき込むと分かります。)
また、弦の圧力に負けないように適当な丸み(膨らみ)を持たせる必要もあります。ヴァイオリンやチェロほど膨らんではいませんが、中央で約1cmくらい膨らみます。
ピアノ作り 何をしているのでしょうか?総集編

おすすめ記事

関連記事

ジョルジュ・サンド

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は一般社団法人 日本ピアノ調律師協会会報に投稿された文章を一部変更した

記事を読む

ハンブルグ スタンウェイ

スタインウェイ im Hambrug ピアノが語ってくれたもの-その27

ピアノが語ってくれたもの-その27 仮説その1 ピアノ音のインハーモニシティーが平均律音階の普及に

記事を読む

ウィーン ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファー in Wien ピアノが語ってくれたもの-その28

ピアノが語ってくれたもの-その28 仮説その2 フランス語やドイツ語の響きが調律や整音作業に大きく

記事を読む

blog_import_501d4684089e6

ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・

記事を読む

steinway

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -5

・ヨーロッパピアノ、ピアノに対する考え方 ヨーロッパピアノメーカーにとって最も重要な事は音色と響き

記事を読む

PAGE TOP ↑