*

何をしている所でしょうか?  その3

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 ピアノ作り何をしている所?, ピアノ技術関連

019何をしている所でしょうか?  その3
答 響板に響棒を接着しクラウン(響板の膨らみ)をつける機械です。
写真の機械は160cmくらいのベビーグランドの響棒接着の機械です。
大きな大きなホタテ貝のようですね。
その2で接ぎ合わされた響板の厚みは最終的には8mm~12mmくらいに削られます。低音部を薄くしたり、高音部を厚くしたり、周辺部を薄くして中央を厚くするなど、メーカーの求める音によっていろいろ工夫が見られます。
響板は薄い方が振動しやすくなりますが、強度的には弱くなります。そのため響棒といわれる肋骨のような棒で補強します。(ピアノの後ろをのぞいてみて下さい。グランドは下からのぞき込むと分かります。)
また、弦の圧力に負けないように適当な丸み(膨らみ)を持たせる必要もあります。ヴァイオリンやチェロほど膨らんではいませんが、中央で約1cmくらい膨らみます。
ピアノ作り 何をしているのでしょうか?総集編

おすすめ記事

関連記事

070814_1009

赤レンガのベヒシュタイン工場 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム    ベヒシュタイン その音色の美しさ 10年ひと昔と言うから、むかーしむかしと

記事を読む

100414_1539~01

ベヒシュタイン12nの調律に行った。

ベヒシュタインの調律に行った。 ピアニストが見守る中の緊張のお仕事中! おかあさんにレッ

記事を読む

070814_1009

赤レンガのベヒシュタイン工場 その1

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

070814_1645

赤レンガのベヒシュタイン工場 その3

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタ

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継

記事を読む

PAGE TOP ↑