*

なぜ?ペトロフ? その12 チェコのピアノ作り 第2次大戦

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 なぜ?ペトロフ

blog_import_501d3d8fa1e52なぜ?ペトロフ? その12 チェコのピアノ作り 第2次大戦
1935年、ブリュッセルで開かれた世界博覧会でペトロフグランドピアノは最高の栄誉となるグランプリを授与されました。
第2次世界大戦が始まると再び、会社の成長は妨げられました。1945年の終戦により、新たな生産計画がもたらされました。
しかし、3年後、共産主義政権になり、会社は国営化されてしまいました。
そのような状況は共産主義独裁政権がチェコ共和国となり、1989年11月に倒れるまで継続したのです。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d621f1281a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その6

グロトリアンに行ってきた その6 ハノーファー駅からはグロトリアン日本輸入総代理店社長のK.バンダ

記事を読む

blog_import_501d63b16da15

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その13

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その13 まあ!何ということでしょう!!(テレビのリ

記事を読む

blog_import_501d642ad539f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17 テオドール

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17 シュタイン社長との雑談の中でこんな写真も出

記事を読む

blog_import_501d629f549a0

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その10

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その10 心街の時計塔。ヨーロッパには時計塔や教会な

記事を読む

blog_import_501d61fd7146a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その5

グロトリアンに行ってきた その5 世界有数のハウプトバーンホーフは私にはとても魅力的な建築様式でご

記事を読む

PAGE TOP ↑