*

なぜ?ペトロフ? その11 チェコのピアノ作り 三代目

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 なぜ?ペトロフ

blog_import_501d3d8761e2aなぜ?ペトロフ? その11 チェコのピアノ作り 三代目
1932年ペトロフ家第3代目となるDimitrij,EduardとEugenが会社の重役に就きました。海外に出て経験を積み、エレクトロ・アコースティック・ピアノ『ネオベヒシュタイン』の製造・販売権を手に入れました。現代でもホフマンブランドのOEM製造でベヒシュタイン社に協力したりしてますが、ここでもドイツ・ベルリンのベヒシュタインピアノと縁があるわけです。この「ネオベヒシュタイン」システムは弦振動がセンサーで認知され、アンプ・スピーカーによって増幅されるのです。
電気ピアノのさきがけでしょう。

おすすめ記事

関連記事

フレーム シーズニング

ピアノフレーム シーズニング ピアノが語ってくれたもの-その11

ピアノが語ってくれたもの-その11 ピアノのスタイル Q.ピアノのスタイルとはメーカーのことでし

記事を読む

サンド

ジョルジュ・サンド ピアノが語ってくれたもの-その1

ピアノが語ってくれたもの-その1 整調(ピアノアクション調整)の必要性について Q.最初に整調の

記事を読む

グロトリアン

グロトリアン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その31

ピアノが語ってくれたもの-その31 母音の大安売り A. 子音と母音がペアになって意味が発生する

記事を読む

IMG_3808

ピアノパッサージュ グロトリアン Studio クロームモデル 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

アクセス グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音色とシンギングト

記事を読む

ノートルダム

ノートルダム ピアノが語ってくれたもの-その6

ピアノが語ってくれたもの-その6 調律師の立場 Q.演奏者と同じ視点でピアノを感じてみることが重

記事を読む

PAGE TOP ↑