*

なぜ?ペトロフ? その11 チェコのピアノ作り 三代目

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 なぜ?ペトロフ

blog_import_501d3d8761e2aなぜ?ペトロフ? その11 チェコのピアノ作り 三代目
1932年ペトロフ家第3代目となるDimitrij,EduardとEugenが会社の重役に就きました。海外に出て経験を積み、エレクトロ・アコースティック・ピアノ『ネオベヒシュタイン』の製造・販売権を手に入れました。現代でもホフマンブランドのOEM製造でベヒシュタイン社に協力したりしてますが、ここでもドイツ・ベルリンのベヒシュタインピアノと縁があるわけです。この「ネオベヒシュタイン」システムは弦振動がセンサーで認知され、アンプ・スピーカーによって増幅されるのです。
電気ピアノのさきがけでしょう。

お問合せ

電話 03-5225-1353
(11:00~18:30月曜定休 祝日の場合は翌日)

パッサージュメニュー

ピアノレッスン

新着情報

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

ショパン プレイエル

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

IMG_3250

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -2

・ヨーロッパピアノの販売価格の値上げ 例えばスタインウェイA(1086万円)はここ10年で246万

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

070814_1643

出会い輸入ピアノ その1 ベヒシュタイン

ベヒシュタインその音色の美しさ   ベヒシュタイン フランスのプレイエルやパープピア

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ホーム  ベヒシュタインその音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12n

記事を読む

PAGE TOP ↑