*

■プレイエルとスタインウェイで録音された仲道郁代「ショパン・ワルツ」リリース

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ総集編, おすすめ記事, ピアニスト編, ブログ, プレイエル

SICC000019006__180_180_102400_jpgピアニストの仲道郁代さんがショパンのワルツ集をリリースしました。今回のCDは17曲のワルツをそれぞれ「21世紀のスタインウェイ」と「19世紀(1826年製)のプレイエル」で録音したという意欲作。ご承知の通りプレイエルとはショパンが生涯愛したピアノメーカーで、ショパンの名曲の殆どはこのピアノの響きを想定されて書かれたと言っても過言ではありません。録音で使用されたプレイエルが製造された1826年はショパン16歳、ちょうどワルシャワ音楽院に入学した年に作られたピアノです。この4年後ショパンはパリへ移住、パリで初めてのコンサートはプレイエル社が運営するホール「サル・プレイエル」で行われ、華々しいパリデビューを果たしました。

1700年~1800年代のピアノは現代のピアノと区別して「フォルテピアノ」と呼ばれます。ショパン存命中のヒストリカルな楽器を奏でることで、この録音では今のピアノの音だけでは認識できないショパンの美意識に迫っています。古楽器の響きにも様々なものがありますが、総じて言えることは現代ピアノに比べて音が繊細であること。クラヴィコードやチェンバロは勿論の事、フォルテピアノも構造こそ現代ピアノに近づきつつありますが、響きの基本的な形は繊細で混じり気のないシンプルな響きと言えます。
また古楽器の活躍していた時代の演奏会場と言えば小規模なサロンが一般的で、大ホールのように大勢の聴衆に向けて音楽を発信する場は殆どありませんでした。
これらの時代背景や楽器の編成を念頭に置きながら聴いてみると、同じ曲でも今まで感じられなかった作曲家の意図への気づきがあり、エキサイティングな音楽体験を得られるものです。

プレイエルの楽器は古今問わず響きの鮮明さがあり、この録音でもその特徴がしっかりと収められています。実際に聴いてみると打弦タイミングのズレや、バス・内声・メロディのニュアンスの違いがハッキリと認識でき、各楽曲が奥行きと立体感をもって聴き手に迫ってきます。響き全体はシンプルだけれども、それゆえ飾り気のない赤裸々な楽曲の魅力を堪能できると同時に、当時のサロンの雰囲気に包まれる感覚も楽しめます。
鮮明な響きを作る楽器の構造上の特徴は響板にあります。響板低音弦側にはメインリブと呼ばれる棒が付いており、響板で音振動が乱反射するのを防ぎます。そして現存するピアノメーカーでこの構造を引き継いでいるメーカーがベヒシュタインです。創業者のカールベヒシュタインはプレイエルのドレスデン工場で修業し、更にプレイエルの流れを組むクリーゲルシュタインで修業を重ねました。創業当時の構造は、この録音で使用されたプレイエルと非常に似ている構造をしており、現代のベヒシュタインの響板も、音量よりも響きの鮮明さを優先した造りとなっています。
ピアノパッサージュではプレイエルの1878年製アップライト、ベヒシュタインの新品とUsedアップライトなどを展示しています。ショパンの時代から引き継がれてきた響きの芸術を、どうぞお試しください。

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

新旧スタンウェイ

スタインウェイ 129才スクエアー newB-211 78才ルイ15世 ピアノが語ってくれたもの-その34

ピアノが語ってくれたもの-その34 アナログ的ピアノ製作 Q.ところで、ピアノ製作の現状は悲観的

記事を読む

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由 輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方

記事を読む

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

150822_1125

ベヒシュタイン 12b

BECHSTEIN Mod.12b 明るい色のウォルナット。 軽いタッチと響きの奥深さが魅力的で

記事を読む

1313
サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.36  2019年10月14日(月祝) 開演13:00 入場無料!

thumbnail_IMG_2502
今月のお勧めピアノ スタインウェイ F-104 ハンブルグ ウォルナット 艶消

201904秋のサロンコンサート_page-0001
サロン・ド・パッサージュ 秋のサロンコンサート 「歌とピアノと朗読と」2019.9.29

201909太田太郎ピアノリサイタル_page-0001
サロン・ド・パッサージュ 太田太郎ピアノコンサート 2019.10.13 プログラム決定しました。

thumbnail_IMG_7399
ベヒシュタイン 12b の納品調律に行った。

ベヒシュタイン L-165の納品調律に行った。

thumbnail_IMG_2470
杵淵さんのグロトリアンピアノが戻ってきた!

thumbnail_IMG_7378
ベヒシュタイン M-180 の納品に行った。

C.BECHSTEIN L-165 の納品立ち会いに行った。

download
グロトリアン フリードリッヒの納品調律に行った。

blog_import_501d3d12ad8c4
素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

thumbnail_IMG_2344
C.BECHSTEIN アカデミー A.114 Compact 新品 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

thumbnail_IMG_2326
C.BECHSTEIN コントア R118 新品 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

IMG_1742-300x225
C.BECHSTEIN アカデミー A114 新品 165周年記念モデル 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C_Bechstein_Concert_D_282_black_pol_open_520x550x72x80
メーカー別おすすめ記事

IMG_1399
C.BECHSTEIN Mod.M-180 黒艶出 1978年製 調整中 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ヤマハ サイレントピアノの納品に行った。

thumbnail_2019-09-15 10-12
先日サロンご利用いただいた、アントニー・シピリ先生からCD頂きました。

thumbnail_IMG_2498
グロトリアン 200 の調律に行った。

→もっと見る

PAGE TOP ↑