*

ザウター グランドピアノ 音色の魅力 輸入ピアノ SAUTER

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ総集編, おすすめ記事, ザウター, ザウター編

■ザウターの歴史
モーツァルトザウターはヨハン・グリムによって1819年に創立した現存する最古のピアノメーカー。それから現在に至るまでザウター一族が世襲し、かつての華やかでロマンティックな時代を現代へと受け継いでいます。

グリムは、ベートーベンが全幅の信頼を寄せていたフォルテピアノの製造技術者であったシュトライヒャーのもとで、ピアノ製造技術を学んでいました。

ピアノ製造流派は「イギリス・フランス派」「南ドイツ・ウィーン派」に分かれ、前者は主にチェンバロが主流だった地域で、後者は主にクラヴィコードが主流だった地域で発達した流派です。チェンバロは比較的大きな音を出せることから、イギリス・フランス派のフォルテピアノは頑丈で豊かな音量を出せる傾向の楽器を指向していました。クラヴィコードは音量は小さいものの強弱やタッチによる微妙なニュアンスの変化を付けられたことから、南ドイツ・ウィーン派のフォルテピアノも繊細な表現力を持った楽器となりました。現代に残っているほとんどのメーカーのルーツはイギリス・フランス派で、南ドイツ・ウィーン派で現存するメーカーはベーゼンドルファとこのザウターだけです。

■シュトライヒャーとベートーベンの親交
Beethovenシュトラャーとベートーベンの親交は、残された数々の書簡が物語っています。

「親愛なるシュトライヒャー!
昨日君のフォルテピアノを受け取った。実に素晴らしい楽器だ。他の人であれば決して手放そうなどとは思わないだろう。しかし僕は-君は大笑いするかも知れないが-この楽器は僕には出来すぎた楽器だ。その理由は,僕自身の音を作る自由を僕から奪ってしまうからなのだ。しかし,勿論これは,君が作ろうとしているフォルテピアノを否定するものではない。(抜粋)」

「親愛なるSt(シュトライヒャー)よ,僕が自分のトリオをきいて満足したのは正直に言ってこれが初めてのことだ。また,この経験から,僕はこれまで以上にピアノフォルテのための曲を作ろうと決心した。たとえ僕を理解する人がごく僅かしかいないとしても,僕は満足だ。演奏の仕方という点に関する限り,ピアノフォルテがあらゆる楽器の中で最も研究が遅れ,未発達であるということは疑いない。ピアノとハープを聴き間違うというようなことはしばしばだ。ハープとピアノフォルテが全く異なる二つの楽器として扱われる日が来ることを僕は望んでいる。(抜粋)」

このように、ピアニストとピアノ制作者(この当時はフォルテピアノ)はいつもこのような対話や議論を繰り返しながら、作曲家の求める鍵盤楽器の理想を追求していったのです。ヨーロッパピアノに個性があるのは、制作者が交流していた音楽家によりメーカーの特色が浮き彫りになったからとも言えます。

■ザウターの音色
9-2南ドイツ・ウィーン派のフォルテピアノはクラヴィコードという繊細な楽器をルーツとしています。ここでクラヴィコードを簡単に説明します。クラヴィコードの発音原理は、鍵盤を押すとシーソーの向こう側にあるタンジェントという金属片が弦にあたり、接弦している間だけ音が出ます。音量は大変小さく演奏会での使用は困難です。しかし接弦中に鍵盤を押し込むとビブラートの効果を得られたり、小さなダイナミックレンジながら音量の強弱を付けることが可能です。フォルテピアノはチェンバロの最大の欠点だった音量のコントロール性を改善したわけですが、この流派のピアノ制作者のシュタインが開発したアクション機構「ウィーン式アクション」は「イギリス式アクション」に比べ格段にタッチの微妙な変化を音に変換できる繊細なものでした。

このように繊細な表現力に大きな魅力のあった南ドイツ・ウィーン派の流れを汲んだザウターは、やはりモダンのピアノの中にもその響きの片鱗が息づいています。

高音部分は煌びやかなのに決して派手ではなく落ち着きがあり、最高音部までその気品が感じられます。また、低音から次高音までは音色こそピアノですが、音の輪郭はクラヴィコードに通じる端麗さがあります。クラヴィコードはチェンバロに比べて演奏される機会も少ないのですが、古楽器奏者によるレコードもありますのでご興味のある方は聴いて頂くと参考になるかもしれません。大塚直哉さん演奏によるバロック曲集は録音の状態も大変良いのでオススメです。

弾き手をより輝かせ、よりエレガントに見せるザウター。ショールームにはグランド、アップライト両方ご用意しております。ヨーロッパピアノの中でも特別な歴史を持つこのピアノの音色を、是非お楽しみください。

お問合せフォーム:ピアノ・パッサージュ

ピアノパッサージュへのご意見、お問い合わせは下記メールフォームより承っております。下記フォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
※返信までしばらくお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※直接電話での問い合わせをご希望の場合は下記までご連絡ください。
電話:03-5225-1353  

   
お名前必須
例:佐藤 一郎
メールアドレス必須
例:abc@mail.ne.jp
郵便番号
例:1120014
住所
例:東京都文京区関口1-1-3
TEL
例:03-5225-1353
ご要望
(複数選択可)必須
 ピアノ見学(試し弾き) ピアノ相談 ピアノ調律 ピアノ修理 ピアノ運送 ピアノ椅子 ピアノ付属品等 その他
お問合せ内容必須

  添付ファイル


ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

070822_1803

赤レンガのベヒシュタイン工場 その7

ベヒシュタインその音色の美しさ   赤レンガのベヒシュタイン工場 その7 そ

記事を読む

DSC_0608-2-977x550

グロトリアン Cabinet 

GROTRIAN Cabinet その姿、音色どちらをとっても、キャビネットに無駄な要素はいっさい

記事を読む

ベヒシュタイン12Nの納品に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタイン12Nの納品に

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ホーム  ベヒシュタインその音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12n

記事を読む

ベヒシュタイン新品ピアノと中古ピアノの違い その3

ベヒシュタインその音色の美しさ ・ベヒシュタインの新品価格と中古価格  新品の価格はグランド

記事を読む

thumbnail_image0
ベヒシュタイン S-145 の納品に行きました。

ピアノフォルテイベント2012.1.25 003
ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律  その16 ロングミュートにおける割り振りの盲点

P10408451-300x200
サロン予約された方々へのご連絡

thumbnail_IMG_2329
Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライト比較試弾出来ます。

DSC_0441
GROTRIAN 112 の納品に行きました。

thumbnail_12049063260275
祝! サロン・ド・パッサージュにC.BECHSTEIN C-232(C91) が常備されました。

1313
サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.39  2021年2月21日(日) 開演13:00 入場無料要予約!

IMG_5188
輸入ピアノ購入のためのメール講座 全10回 受付無料配信中!

thumbnail_62226199083__8DABF3B7-868D-411B-9DBC-9EBD49817125
ベヒシュタイン K-158 の納品に行きました。

download
ベヒシュタイン 12b の納品に行きました。

DSC_0431
今月のお勧めピアノ スタインウェイ K-132 ハンブルグ ウォルナット 艶消

unnamed
パッサージュブログ一覧

117338563_1709652192521885_2635588886076572388_o
ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 f0(エフゼロ)とピアノ響板特性

download
新型コロナに伴う対応について パッサージュグループ

グロトリアン 108 ピアノが語ってくれたもの レビュー編

thumbnail_image0
ベヒシュタイン 12b  ピアノが語ってくれたもの レビュー編

ベヒシュタイン コントア118 ピアノが語ってくれたもの レビュー編

thumbnail_IMG_8097
ベヒシュタイン L-165 ピアノが語ってくれたもの レビュー編

thumbnail_IMG_2061
スタインウェイ A-188 クラロウォルナット 特注モデル6本脚 STEINWAY&SONS 

C_Bechstein_Concert_D_282_black_pol_open_520x550x72x80
メーカー別おすすめ記事

blog_import_501d3d12ad8c4
素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

木漏れ日
ピアノが語ってくれたものシリーズ ピアノの響板特性とハーモニー調律 その15 ミネラル成分の存在意義

→もっと見る

PAGE TOP ↑