*

■ヨーロッパピアノ 音色の方向性について -3

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, ブログ

DSCN5496・ヨーロッパピアノの音色の方向性を分類してみる(鮮明な透明感=ベヒシュタイン編)
ベヒシュタインの音色の方向性と言えばクリアで繊細な音色。これはベルリンフィル初代指揮者のビュローやリストといった音楽家との交流によってもたらされた音色の方向性ですが、実はフォルテピアノやチェンバロなどの古楽器にも相通じる方向性です。鍵盤楽器はどちらかと言えば元々音の分離感に優れ、声部の多層構造を持ったピアノ曲を表現するには比較的やりやすい楽器でした。ベヒシュタインはその響きを現代のモダンピアノという音場で実現している、とも言えます。この響きは重厚でエネルギッシュなスタインウェイとは対照的な響きで、鮮明な音の分離感は各声部の独立性を保ったまま、お互いの声部が対話するような感覚を覚えます。スタインウェイは全ての音が塊となって飛んでいくのに対し、ベヒシュタインは音毎のキャラクターが維持されたまま飛んでいくイメージです。

ヨーロッパには沢山のピアノメーカーがありますが、この分類を抑えながらピアノを選んでみると、ご自身の好みもはっきりしてくるかもしれません。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

070814_1645

赤レンガのベヒシュタイン工場 その3

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタ

記事を読む

technikerakademie_galerie_3

■ベヒシュタインニュース■ 技術アカデミー 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ■ベヒシュタインニュース■ ・ベヒシュタイン・

記事を読む

ジョルジュ・サンド

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は一般社団法人 日本ピアノ調律師協会会報に投稿された文章を一部変更した

記事を読む

blog_import_501d5b0370e66

ベヒシュタインの納品に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタインの納品に行った

記事を読む

070814_1009

赤レンガのベヒシュタイン工場 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム    ベヒシュタイン その音色の美しさ 10年ひと昔と言うから、むかーしむかしと

記事を読む

PAGE TOP ↑