*

■ヨーロッパピアノ 音色の方向性について -3

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, ブログ

DSCN5496・ヨーロッパピアノの音色の方向性を分類してみる(鮮明な透明感=ベヒシュタイン編)
ベヒシュタインの音色の方向性と言えばクリアで繊細な音色。これはベルリンフィル初代指揮者のビュローやリストといった音楽家との交流によってもたらされた音色の方向性ですが、実はフォルテピアノやチェンバロなどの古楽器にも相通じる方向性です。鍵盤楽器はどちらかと言えば元々音の分離感に優れ、声部の多層構造を持ったピアノ曲を表現するには比較的やりやすい楽器でした。ベヒシュタインはその響きを現代のモダンピアノという音場で実現している、とも言えます。この響きは重厚でエネルギッシュなスタインウェイとは対照的な響きで、鮮明な音の分離感は各声部の独立性を保ったまま、お互いの声部が対話するような感覚を覚えます。スタインウェイは全ての音が塊となって飛んでいくのに対し、ベヒシュタインは音毎のキャラクターが維持されたまま飛んでいくイメージです。

ヨーロッパには沢山のピアノメーカーがありますが、この分類を抑えながらピアノを選んでみると、ご自身の好みもはっきりしてくるかもしれません。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

090417_1005

ベヒシュタインの納品に行きました。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタインの納品に行きま

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

13ba05a9197a0e5817c84de787f32c70-225x300

ベヒシュタイン 12nの納品に行った。

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン 12nの納品に行った。 い

記事を読む

ベヒシュタイン12Nの納品に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタイン12Nの納品に

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12nは16

記事を読む

PAGE TOP ↑