*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17 テオドール

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d642ad539f近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17
シュタイン社長との雑談の中でこんな写真も出てきた。
達筆過ぎる?ドイツ語。
多くが判読不明。
テオドール・シュタインヴェック氏が作ったグロトリアンなのだろうか…。
彼は1865年に彼の片腕とも言える調律師アーサー・フォン・ホルウィードとともに正式にニューヨークに渡っている。
名著「スタインウェイ物語」によると、1880年からテオドールはニューヨークからハンブルクにホルウィードとともに帰国、アメリカからスタインウェイ半製品を輸入しての組み立て事業を開始するが、その多くはロンドン直営店に輸出、展示販売されたようだ。
彼はブラウンシュバイクが相当好きだったらしく、帰国後、まず、ブラウンシュバイクの故郷近くに帰ったようだ。ハンブルク工場が軌道に乗り1884年にはブラウンシュバイクの大豪邸に移り住んでいたようだ。
ミュンヘン1888年とあるが、確か、彼は翌年1889年2月に天に召されている。
その後このピアノ写真がなぜグロトリアンの歴史アルバムにあったか?
そして、下の文字の意味を武蔵野音大博物館で知ることになる。
歴史の節目のピアノのひとつだったようだ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

ウィーン ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファー in Wien ピアノが語ってくれたもの-その28

ピアノが語ってくれたもの-その28 仮説その2 フランス語やドイツ語の響きが調律や整音作業に大きく

記事を読む

ベーゼンドルファーのバス弦

ベーゼンドルファーの交差弦 ピアノが語ってくれたもの-その20

ピアノが語ってくれたもの-その20 フランスの「パープ」さんは天才? Q.ミュンヘンの楽器博物館

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12nは16

記事を読む

PAGE TOP ↑