*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17 テオドール

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d642ad539f近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17
シュタイン社長との雑談の中でこんな写真も出てきた。
達筆過ぎる?ドイツ語。
多くが判読不明。
テオドール・シュタインヴェック氏が作ったグロトリアンなのだろうか…。
彼は1865年に彼の片腕とも言える調律師アーサー・フォン・ホルウィードとともに正式にニューヨークに渡っている。
名著「スタインウェイ物語」によると、1880年からテオドールはニューヨークからハンブルクにホルウィードとともに帰国、アメリカからスタインウェイ半製品を輸入しての組み立て事業を開始するが、その多くはロンドン直営店に輸出、展示販売されたようだ。
彼はブラウンシュバイクが相当好きだったらしく、帰国後、まず、ブラウンシュバイクの故郷近くに帰ったようだ。ハンブルク工場が軌道に乗り1884年にはブラウンシュバイクの大豪邸に移り住んでいたようだ。
ミュンヘン1888年とあるが、確か、彼は翌年1889年2月に天に召されている。
その後このピアノ写真がなぜグロトリアンの歴史アルバムにあったか?
そして、下の文字の意味を武蔵野音大博物館で知ることになる。
歴史の節目のピアノのひとつだったようだ。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

IMG_0784-225x300

20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ 総集編 更新中

1901年と1902年 ベヒシュタインV-200 クラシック 1901年 1901年 なんと!2

記事を読む

2017-11-13 08-53-54 (2)

スタインウェイ A-188 Texaco Oil特注モデル6本脚 メトロポリタン博物館展示STEINWAY&SONS 入荷しました

ホーム スタインウェイ STEINWAY&SONS スタインウェイ A-188 Texaco

記事を読む

IMG_0769

ピアノパッサージュ グロトリアン コントア 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音色とシンギングトーン グロトリ

記事を読む

IMG_0725

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン 12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN Mod.12n 珍しいシック

記事を読む

イベント参加のお申し込み

記事を読む

ベヒシュタイン・B116 Compact の調律に行った。

ベヒシュタイン・B116 Compact の調律に行った。

ベヒシュタイン・B116 Compact の調律に行った。 ベヒシュタインが、お家に来て、1年

記事を読む

bolet_1

ホルヘ・ボレット “ベヒシュタインほど、圧倒的な品質を備えた楽器は他にないだろう” 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ "I think Bechstein has

記事を読む

cassard-pescia_0937_galerie

【フィリップ・カサール】

1962年ブザンソン生まれのフランスのピアニスト、フィリップ・カサール(カッサール)は、パリ音楽院で

記事を読む

山梨へ調律に行った。

山梨へ調律に行った。 天気も良くドライブ日和!途中の釈迦堂PAでちょっと休憩… そこで出会った「

記事を読む

PAGE TOP ↑