*

スタインウェイの納品調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ調律

f866439e.jpgスタインウェイの納品調律に行った。
このピアノ製造番号が28万台だから、70年以上前の楽器だ。
アクションはオリジナルでここまで使用頻度も少ないのも珍しい。
7fc5af96.jpgウィッペン部分のダンパースプーンはねじのために見事に湾曲している。芸が細かい。
そーいえば、テオドールの作ったピアノもこうだったなぁ。
2a767d0a.jpgこれが技術者泣かせのイワシバネ(線細工バネの一種)のついたダンパーストップレール。
これを外さないとダンパー調整やネジ締めが出来ない。
あ~あ!戻すの大変だなぁ。と思いきや一回で85本のバネはもとの位置に収まった。
外れた3本のみをチェックして終了。さすが、歴戦のスタインウェイ!!

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d6e533dbc5

グロトリアンの整音作業

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロトリアン 甘い音色

記事を読む

DSC00479-1024x681

ピアノパッサージュ 技術動画 グロトリアン編

グロトリアン 甘い音色とシンギングトーン GROTRIAN パッサ

記事を読む

100505_1053~01

グロトリアン ストーリー 輸入ピアノ GROTRIAN

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロトリアン 甘い音色

記事を読む

GrotrianStudio_Mailing.pdf - Adobe Reader

グロトリアンの歴史

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロトリアン 甘い音色

記事を読む

IMG_3250

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -2

・ヨーロッパピアノの販売価格の値上げ 例えばスタインウェイA(1086万円)はここ10年で246万

記事を読む

PAGE TOP ↑