*

スタインウェイの納品調律に行った。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ調律

f866439e.jpgスタインウェイの納品調律に行った。
このピアノ製造番号が28万台だから、70年以上前の楽器だ。
アクションはオリジナルでここまで使用頻度も少ないのも珍しい。
7fc5af96.jpgウィッペン部分のダンパースプーンはねじのために見事に湾曲している。芸が細かい。
そーいえば、テオドールの作ったピアノもこうだったなぁ。
2a767d0a.jpgこれが技術者泣かせのイワシバネ(線細工バネの一種)のついたダンパーストップレール。
これを外さないとダンパー調整やネジ締めが出来ない。
あ~あ!戻すの大変だなぁ。と思いきや一回で85本のバネはもとの位置に収まった。
外れた3本のみをチェックして終了。さすが、歴戦のスタインウェイ!!

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタインの納入調律に行った。

ベヒシュタインの納入調律に行った。 思い切って購入してよかったそうです。 毎日2時間以上楽しんで

記事を読む

view2

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -1

・西洋音楽とピアノ ヨーロッパピアノ、おそらく誰もが一度は憧れや夢をいだいたことがあるでしょう。西

記事を読む

070918_0942

赤レンガのベヒシュタイン工場 その20

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタイン その音色の美

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

wh_panel_02

■輸入ピアノ ベヒシュタインが設計・製造するホフマン -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・ホフマンは輸入ピアノらしい個性ある音色を持ちつつ、

記事を読む

PAGE TOP ↑