*

ピアノ300年祭 その2

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 日本ピアノ調律師協会

97ef6687.jpgピアノ300年祭 その2
それでは、日本の音楽教育の夜明けは?
東京芸大の前身、音楽取調係にアメリカから招聘した方が、持ってきたチッカリングのスクエアピアノと教則本「バイエル」に象徴されるそうだ。
音楽に限らず文化的なものは継続している流れのようなものだ。
6129894d.jpgエラール(フランス)のパワーあるピアノ作りに影響を強く受けたシュタインベック(後のスタインウェイ)が台所で最初のピアノ(スタインウェイNo.1ピアノ)を作り、そのご、ニューヨークに渡り、アメリカの言語文化の中で力強いスタインウェイを作り上げたのも歴史の恵みなのかも知れない。

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタインセンター

ベヒシュタイン センター ピアノが語ってくれたもの-その37

ベヒシュタイン その音色の美しさ[/intlink]  ピアノが語ってくれたもの-その3

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12nは16

記事を読む

45-1-168x300

ベヒシュタイン12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ このたびは大変お世話になりました。 いろいろと

記事を読む

ノートルダム

ノートルダム ピアノが語ってくれたもの-その6

ピアノが語ってくれたもの-その6 調律師の立場 Q.演奏者と同じ視点でピアノを感じてみることが重

記事を読む

フレーム シーズニング

ピアノフレーム シーズニング ピアノが語ってくれたもの-その11

ピアノが語ってくれたもの-その11 ピアノのスタイル Q.ピアノのスタイルとはメーカーのことでし

記事を読む

PAGE TOP ↑