*

「BECHSTEIN・ナウ」その14 フレーム合わせ

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 おすすめ記事, ベヒシュタインナウ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 0117フレームのせDSC00725DSC00727
フレーム合わせ
音の伝達や耐久力の為には密着が重要になります。
それは木部接着のみにかかわらず、フレーム(鉄部)とボディ(ピン板及び内リム)の密着が重要なのです。
高精度のフレームは作業をより正確に進めることが出来るようになったそうです。
フレームネジの締め付けトルクも重要です。
これら熟練工の作業とハイテク技術のフィードバックが新しい究極のピアノ作りの蓄積に貢献しています。

「BECHSTEIN・ナウ」総集編

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d3d571cfc2

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大 1866年に勃発したオーストリア・プロシア

記事を読む

IMG_3798

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消マホガニー艶出 仕様:ペトロフ P118P1 ウォルナ

記事を読む

blog_import_501d3d7473dff

なぜ?ペトロフ? その1 ルーツと使用目的

なぜ?ペトロフ? その1 ルーツと使用目的 ペトロフのルーツは「南ドイツ・ウィーン派」です。 南

記事を読む

blog_import_501d3d33aab5c

なぜ?ペトロフ? その2 材質と構造

ピアノは多くの木材が響くように工夫してあります。ペトロフはベーゼンドルファーと同じように、使用木材を

記事を読む

20160529_184250

ペトロフ P118P1 マホガニー艶出 

ホーム    ペトロフ ロマンティックトーンペトロフ P118P1 マホガニー艶出 仕様

記事を読む

PAGE TOP ↑