*

何をしている所でしょうか?  その5

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 ピアノ作り何をしている所?, ピアノ技術関連

6149db91.jpg何をしている所でしょうか?  その5
答 響板と支柱の接着です。
響板の周辺部は「まわしぶち」と呼ばれる堅木のリムに接着されます。そのリムは堅牢なバックと一体化しています。しっかりとしたまわしぶちのおかげで響板は膨らみを持続し、弦の圧力に耐えて長く良い音で響いてくれます。
リムと響板の接着材の硬さや工作精度は音の伝わり方や耐久性にも大きく影響します。接着面に隙間があると音は伝搬しにくくなります。また、硬化後でも柔らかい接着剤は不向きです。強力な接着剤で軽い熱と圧力で接着します。
材料の選択、接着剤の選択、接着方法。どれをとっても重要な部分です。
ピアノ作り 何をしているのでしょうか?総集編

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタイン A3

ベヒシュタインMillenium116kとB116Compactの違い  輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム    ベヒシュタイン その音色の美しさ ・ベヒシュタインMillenium116

記事を読む

ベヒシュタインの納入調律に行った。

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインの納入調律に行った。 納入して自

記事を読む

DSCN5426

Bechstein B116 Compact ベヒシュタイン B116コンパクトの新品と中古 -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ■ベヒシュタインB116Compactの響き B1

記事を読む

KC4F0127

ベヒシュタインMillenium116kとB116Compactの特徴と違い  –1

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]   ベヒシュ

記事を読む

ケルン大聖堂夕景

Bechstein B116 Compact ベヒシュタイン B116コンパクトの新品と中古 -2

ケルン大聖堂夕景[/caption]■ベヒシュタインB116Compactの構造 響板には除響板

記事を読む

PAGE TOP ↑