*

何をしている所でしょうか?  その2

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 おすすめ記事, ピアノ作り何をしている所?, ピアノ技術関連

007何をしている所でしょうか?  その2
答 響板材の接ぎあわせ(ハギアワセ)です。
ご存じの様にピアノの心臓部とも呼ばれている響板はピアノの大きさと同じくらいの薄い板状のものです。アップライトは四角いですし、グランドの場合は鳥の羽根の形をしています。大きな振動板です。
この響板が金属製の弦振動をピアノの音に増幅してくれます。
比重の軽い針葉樹(スップルースやフィヒテやエゾマツ等)を使用します。
10cm前後の板を15枚前後接ぎ合わせて大きな響板の基を作ります。
接着方法や接着剤、そして、表面塗装にもそれぞれのメーカーのこだわりがあり、長所があります。
長所と音づくりの方向性が合っていることが重要です。
ピアノ作り 何をしているのでしょうか?総集編

おすすめ記事

関連記事

IMG_0784

ピアノパッサージュ 芸術の秋 ベヒシュタイン V-200 P.Yamauchi 試弾会開催!!

ベヒシュタイン V-200 P.Yamauchi 1901年製。その作りはバス弦の広がりや3ピースの

記事を読む

b1c262a8dfbcdbe1a26ab52962fa2f33

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.31  2018年3月21日(祝水) 開演13:00 入場無料!

出演エントリー受付 Vol.31エントリー終了!おかげさまで定員に達しました。 入場・懇親会参加

記事を読む

2017-10-04 17-18-52

サロン・ド・パッサージュ ヴィオラとピアノで楽しむ音楽の旅 2017.10.21

ヴィオラとピアノで楽しむ音楽の旅 2017.10.21

記事を読む

IMG_0769

ピアノパッサージュ グロトリアン コントア 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音色とシンギングトーン グロトリ

記事を読む

IMG_0725

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン 12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN Mod.12n 珍しいシック

記事を読む

IMG_0504

ピアノパッサージュ プレイエル F-164 ローズウッド艶出し 貴重な逸品

ホーム 展示ピアノ一覧 写真:プレイエル  超優良品!アク

記事を読む

2017-06-02 15-44-34

東京薬科大学合唱団 第60回記念定期演奏会 2017.6.24

お知らせ一覧 イベント情報一覧

記事を読む

blog_import_501d5500a3b31

スタインウェイ会の研修会があった。

スタインウェイ会の研修会があった。 会場は日本ピアノホールディング㈱にある日本初「スタインウェイ・

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118 ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン・クラッシック118の調律に行った。

ベヒシュタイン・クラッシック118の調律に行った。 白馬は涼しいです!  

記事を読む

IMG_2172

東京六大学ピアノ連盟のフレッシュコンサートの調律に行きました。

東京六大学ピアノ連盟のフレッシュコンサートの調律に行きました。 リハーサルの様子です。

記事を読む

遠近法…。にゃんにゃん日記その134

遠近法…。

記事を読む

PAGE TOP ↑