*

何をしている所でしょうか?  その2

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 おすすめ記事, ピアノ作り何をしている所?, ピアノ技術関連

007何をしている所でしょうか?  その2
答 響板材の接ぎあわせ(ハギアワセ)です。
ご存じの様にピアノの心臓部とも呼ばれている響板はピアノの大きさと同じくらいの薄い板状のものです。アップライトは四角いですし、グランドの場合は鳥の羽根の形をしています。大きな振動板です。
この響板が金属製の弦振動をピアノの音に増幅してくれます。
比重の軽い針葉樹(スップルースやフィヒテやエゾマツ等)を使用します。
10cm前後の板を15枚前後接ぎ合わせて大きな響板の基を作ります。
接着方法や接着剤、そして、表面塗装にもそれぞれのメーカーのこだわりがあり、長所があります。
長所と音づくりの方向性が合っていることが重要です。
ピアノ作り 何をしているのでしょうか?総集編

おすすめ記事

関連記事

B112Mod-1024x758

ベヒシュタイン  B112 Modern 正規代理店モデル 輸入ピアノ BECHSTEIN 入荷しました

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン B112 Modern 高さ11

記事を読む

ジョルジュ・サンド

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は一般社団法人 日本ピアノ調律師協会会報に投稿された文章を一部変更した

記事を読む

TS381158

究極のベヒシュタイン!

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]  究極のベヒシ

記事を読む

wh_panel_02

■輸入ピアノ ベヒシュタインが設計・製造するホフマン -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・ホフマンは輸入ピアノらしい個性ある音色を持ちつつ、

記事を読む

ベヒシュタイン A3

ベヒシュタインMillenium116kとB116Compactの違い  輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム    ベヒシュタイン その音色の美しさ ・ベヒシュタインMillenium116

記事を読む

PAGE TOP ↑