*

ちょっとアメリカン! ボールドウィン

ちょっとアメリカン! ボールドウィン
IMG_1087ボールドウィンといえば1980年ころベヒシュタインの筆頭株主だった。
ベヒシュタインのノウハウを導入してSD-10というコンサートグランドを制作して一世風靡。
IMG_1086そのアップライトピアノが入ってきたので独特なつくりをちょっと見てみよう。
IMG_1080アクションのイワシばね
これはハンマーの戻りを手助けするシステムだ。
一般的なハンマーフレンジコードとバットスプリングで個々が独立しているものと違い一体化のため一度外すと少々厄介だが、フレンジコードが切れるリスクが無いのは利点だ。IMG_10823本ペダルの中央
一般的にはマフラーペダルだが、これはバス弦のダンパーのみ音が伸びる装置。
IMG_1085通常1本のロッドが2本あり一つが低音部分だけで切れている。
IMG_1089鍵盤フロントピンが太かったりバランスのカマボコが無かったりするけどそれも個性。
音はフレームの響きが強く教会の鐘を思わせる感じ。

おすすめ記事

関連記事

セーヌ川

セーヌ ピアノが語ってくれたもの-その5

ピアノが語ってくれたもの-その5 鍵盤はカートリッジ? Q.調律師の意見の中に「整調全項目を行な

記事を読む

blog_import_501d4684089e6

ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・

記事を読む

IMG_3250

新品の輸入(ヨーロッパ製)ピアノの価格  -2

・ヨーロッパピアノの販売価格の値上げ 例えばスタインウェイA(1086万円)はここ10年で246万

記事を読む

フェルトハンマー

ハンマー ファイリング ピアノが語ってくれたもの-その36

ピアノが語ってくれたもの-その36 整音とは「発声法」 Q.スタインウェイの整音イメージとは?

記事を読む

プレイエルピアノコンサート

ピアノコンサート in France ピアノが語ってくれたもの-その26

ピアノが語ってくれたもの-その26 「レンガ積み文化」とピアノ A. 継続こそが文化でしょうね。

記事を読む

PAGE TOP ↑