*

ちょっとアメリカン! ボールドウィン

ちょっとアメリカン! ボールドウィン
IMG_1087ボールドウィンといえば1980年ころベヒシュタインの筆頭株主だった。
ベヒシュタインのノウハウを導入してSD-10というコンサートグランドを制作して一世風靡。
IMG_1086そのアップライトピアノが入ってきたので独特なつくりをちょっと見てみよう。
IMG_1080アクションのイワシばね
これはハンマーの戻りを手助けするシステムだ。
一般的なハンマーフレンジコードとバットスプリングで個々が独立しているものと違い一体化のため一度外すと少々厄介だが、フレンジコードが切れるリスクが無いのは利点だ。IMG_10823本ペダルの中央
一般的にはマフラーペダルだが、これはバス弦のダンパーのみ音が伸びる装置。
IMG_1085通常1本のロッドが2本あり一つが低音部分だけで切れている。
IMG_1089鍵盤フロントピンが太かったりバランスのカマボコが無かったりするけどそれも個性。
音はフレームの響きが強く教会の鐘を思わせる感じ。

おすすめ記事

関連記事

ひまわり フランス

フランスのひまわり畑 ピアノが語ってくれたもの-その7

ピアノが語ってくれたもの-その7 3つのスタイル Q.鍵盤調整が重要なのは分かりました。 さて

記事を読む

フレーム 錆落とし

ピアノフレーム さび落とし ピン穴開け ピアノが語ってくれたもの-その12

ピアノが語ってくれたもの-その12 歴史が語るピアノキャラクター Q.ルーツを訪ねて、今を知るっ

記事を読む

インハーモニシティーとテンションの分布図

インハーモニシティーとテンションの図 ピアノが語ってくれたもの-その17

ピアノが語ってくれたもの-その17 インハーモニシティーとテンション Q.同じくインハーモニシテ

記事を読む

CB118クラシック

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン Classic118 新品 輸入ピアノ BECHSTEIN 入荷しました。

ホーム  アクセス  ベヒシュタイン その音色の美しさ 仕様:ベヒシュタイン Classic

記事を読む

新旧スタンウェイ

スタインウェイ 129才スクエアー newB-211 78才ルイ15世 ピアノが語ってくれたもの-その34

ピアノが語ってくれたもの-その34 アナログ的ピアノ製作 Q.ところで、ピアノ製作の現状は悲観的

記事を読む

PAGE TOP ↑