*

ちょっとアメリカン! ボールドウィン

ちょっとアメリカン! ボールドウィン
IMG_1087ボールドウィンといえば1980年ころベヒシュタインの筆頭株主だった。
ベヒシュタインのノウハウを導入してSD-10というコンサートグランドを制作して一世風靡。
IMG_1086そのアップライトピアノが入ってきたので独特なつくりをちょっと見てみよう。
IMG_1080アクションのイワシばね
これはハンマーの戻りを手助けするシステムだ。
一般的なハンマーフレンジコードとバットスプリングで個々が独立しているものと違い一体化のため一度外すと少々厄介だが、フレンジコードが切れるリスクが無いのは利点だ。IMG_10823本ペダルの中央
一般的にはマフラーペダルだが、これはバス弦のダンパーのみ音が伸びる装置。
IMG_1085通常1本のロッドが2本あり一つが低音部分だけで切れている。
IMG_1089鍵盤フロントピンが太かったりバランスのカマボコが無かったりするけどそれも個性。
音はフレームの響きが強く教会の鐘を思わせる感じ。

おすすめ記事

関連記事

IMG_4936

ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った

記事を読む

070814_1645

赤レンガのベヒシュタイン工場 その3

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタ

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継

記事を読む

写真 1 (4)

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノ BECHSTEIN

 ベヒシュタイン現在のおすすめ展示ピアノ アカデミーA3 チェリー艶消し 2008年製 

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

PAGE TOP ↑