*

輸入ピアノ 特徴と違い -1 スタインウェイ&ベーゼンドルファー(高音部バックレングス編)

公開日: : 最終更新日:2016/09/24 おすすめ記事, スタインウェイピアノ, ピアノ技術関連

輸入ピアノ 特徴と違い -1 

当社に展示中の輸入ピアノの違いを見ていきましょう。

スタインウェイ&ベーゼンドルファー (高音部バックレングス編)
こちらサロンにあるスタインウェイB211の高音部です。
スタインウェイB211高音部
次高音部のデュプレックス。
バックレングスの弦の並行性を求めてなのだろう。ヒッチピン(弦がUターンしているピン)の太さに2種類あるのがわかる。
KC4F0355
こちらはベーゼンドルファー。
1本1本ヒッチピンにかかっている。
KC4F0358

展示ピアノメニュー

ピアノパッサージュホームに戻る

ベヒシュタイン その音色の美しさ

展示ピアノ一覧

レンタルピアノ

アクセスはこちら

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン

おすすめ記事 ベヒシュタイン

おすすめ記事 グロトリアン

おすすめ記事 ザウターピアノ

おすすめ記事 ペトロフピアノ

おすすめ記事 スタンウェイ

おすすめ記事総集編

その後のお付き合い

ピアノメーカー別製造番号一覧

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

ザウターピアノ1

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -3

・輸入ピアノと国産ピアノの違い ヨーロッパピアノは日本だけでなく北南米、アジア諸国にも輸出されてい

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12nは16

記事を読む

IMG_3808

ピアノパッサージュ グロトリアン Studio クロームモデル 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音色とシンギングトーン ht

記事を読む

1421917823565-4-467x550

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン ミレニアム 新品 入荷しました。  輸入ピアノ BECHSTEIN 展示中

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ https://youtu.be/egU1G

記事を読む

ルーブル美術館

ルーブル美術館 ピアノが語ってくれたもの-その3

ピアノが語ってくれたもの-その3 異なるアプローチ Q.アプローチと言うと? A. 例えば調律

記事を読む

PAGE TOP ↑