*

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -3

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, ブログ

写真 1 (4)・ベヒシュタインの場合とベーゼンドルファの場合
ピッチの高いシャンクは木の密度が高いもので、高密度の木材は高音の振動に反応します。ピッチの低いシャンクは木の密度が薄く、低密度の木材は低音の振動に反応します。
ベヒシュタインの構造は楽器にテンションを掛けて緊張状態を作っています。これは音にダイナミクスと華やかさを持たせる工夫です。そしてベヒシュタインのハンマーシャンク植え付けは、ピッチの高いシャンクを高音側に、低いシャンクを低音側に植えます。これは高音のエネルギーや輝きのある音色を助長し、低音の豊かでふくよかな音色を助長します。
ベーゼンドルファの場合、楽器はテンションのかからないリラックスした造りになっています。そうすることで中低音に厚みのある落ち着いた音色を作っています。そしてピッチの高いシャンクを低音側に、低いシャンクを高音側に植えます。楽器全体のテンションが低い為、低音側に密度の高いシャンクを配置することで、音色がぼやけてしまうのを防いでいます。
このように、シャンク一つとってもヨーロッパピアノの個性と工夫を垣間見ることが出来ます。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂 ピアノが語ってくれたもの-その25

ピアノが語ってくれたもの-その25 大陸的発想?文化的発想? Q.成長し続けるってことでしょうね

記事を読む

ベーゼンドルファーのバス弦

ベーゼンドルファーの交差弦 ピアノが語ってくれたもの-その20

ピアノが語ってくれたもの-その20 フランスの「パープ」さんは天才? Q.ミュンヘンの楽器博物館

記事を読む

鍵盤初動の重さは?

鍵盤初動の重さは? ピアノが語ってくれたもの-その19

ピアノが語ってくれたもの-その19 ハンマー重量のジレンマとフェルトの採用 Q.なるほど、フェル

記事を読む

ベヒシュタイン アップライト

ベヒシュタイン アップライト組み立て ピアノが語ってくれたもの-その21

ピアノが語ってくれたもの-その21 ハンマーの選択だけでも分かっちゃう Q.ハンマーの話しにもど

記事を読む

ピアノパッサージュ スタインウェイZ114

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。 年内に納品が出来て、本当に良かったですね♪

記事を読む

PAGE TOP ↑