*

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -3

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, ブログ

写真 1 (4)・ベヒシュタインの場合とベーゼンドルファの場合
ピッチの高いシャンクは木の密度が高いもので、高密度の木材は高音の振動に反応します。ピッチの低いシャンクは木の密度が薄く、低密度の木材は低音の振動に反応します。
ベヒシュタインの構造は楽器にテンションを掛けて緊張状態を作っています。これは音にダイナミクスと華やかさを持たせる工夫です。そしてベヒシュタインのハンマーシャンク植え付けは、ピッチの高いシャンクを高音側に、低いシャンクを低音側に植えます。これは高音のエネルギーや輝きのある音色を助長し、低音の豊かでふくよかな音色を助長します。
ベーゼンドルファの場合、楽器はテンションのかからないリラックスした造りになっています。そうすることで中低音に厚みのある落ち着いた音色を作っています。そしてピッチの高いシャンクを低音側に、低いシャンクを高音側に植えます。楽器全体のテンションが低い為、低音側に密度の高いシャンクを配置することで、音色がぼやけてしまうのを防いでいます。
このように、シャンク一つとってもヨーロッパピアノの個性と工夫を垣間見ることが出来ます。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタイン A3

ベヒシュタインMillenium116kとB116Compactの違い  輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム    ベヒシュタイン その音色の美しさ ・ベヒシュタインMillenium116

記事を読む

070814_1643

赤レンガのベヒシュタイン工場 その2

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   出荷調整のマイスター

記事を読む

070814_1649

赤レンガのベヒシュタイン工場 その6

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

1421917823565-4-467x550

C.BECHSTEIN ミレニアム 新品 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ホーム  アクセス ベヒシュタイン その音色の美しさ https://youtu.be/

記事を読む

D282

BECHSTEIN  製造年 -製造番号

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ  BECHSTEIN  製造年 -製造番号

記事を読む

PAGE TOP ↑