*

■プレイエルとベヒシュタイン -2

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, ブログ

Hanns・ベヒシュタイン
 ベヒシュタイン創業者カール・ベヒシュタインは、青年時代にプレイエルのドレスデン(ドイツ)工場で修業をしています。当時最先端のピアノ作りをするメーカーはイギリスやフランスのメーカーで、ベヒシュタインが創業したころのドイツでは異国のピアノが高い評価を受けていました。
 ベヒシュタインピアノを最初に評価したのはリストの一番弟子であるハンス・フォン・ビュローでした。1856年、自身の恩師であるリストのソナタロ短調を演奏したリサイタルが好評を博し、その時使用されたベヒシュタインの名はドイツ中に広まりました。
 音は一粒一粒の音の輪郭がハッキリと聞き取れる透明感に満ちた音色で、これはプレイエルで修業を積んだ成果とも言えます。プレイエルは明るい音が特徴ですが、ベヒシュタインは滑舌こそよいものの厳格さと気品に満ちています。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

PETOROF C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。

ペトロフP118C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。 今日からコーラスの伴奏の練習が楽しみです

記事を読む

ペトロフ

ペトロフ ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ペトロフ&ホフマン比較試弾会  ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン 見学 ペトロ

記事を読む

blog_import_501d3d7473dff

なぜ?ペトロフ? その9 チェコのピアノ作り 第1次大戦

なぜ?ペトロフ? その9 チェコのピアノ作り 第1次大戦 第1次世界大戦中(1914~1918年)

記事を読む

blog_import_501d3d571cfc2

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大

なぜ?ペトロフ? その6 チェコのピアノ作り 戦と拡大 1866年に勃発したオーストリア・プロシア

記事を読む

blog_import_501d3d4e7ba5e

なぜ?ペトロフ? その5 チェコのピアノ作り 発祥

チェコは音楽家の国とよく言われます。創業141年にも及ぶペトロフ社の歴史の中で50万台以上のピアノが

記事を読む

PAGE TOP ↑