*

■プレイエルとベヒシュタイン -2

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, ブログ

Hanns・ベヒシュタイン
 ベヒシュタイン創業者カール・ベヒシュタインは、青年時代にプレイエルのドレスデン(ドイツ)工場で修業をしています。当時最先端のピアノ作りをするメーカーはイギリスやフランスのメーカーで、ベヒシュタインが創業したころのドイツでは異国のピアノが高い評価を受けていました。
 ベヒシュタインピアノを最初に評価したのはリストの一番弟子であるハンス・フォン・ビュローでした。1856年、自身の恩師であるリストのソナタロ短調を演奏したリサイタルが好評を博し、その時使用されたベヒシュタインの名はドイツ中に広まりました。
 音は一粒一粒の音の輪郭がハッキリと聞き取れる透明感に満ちた音色で、これはプレイエルで修業を積んだ成果とも言えます。プレイエルは明るい音が特徴ですが、ベヒシュタインは滑舌こそよいものの厳格さと気品に満ちています。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d628a852ba

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その9

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その9 ここで、グロトリアンの町「ブラウンシュバイク

記事を読む

100505_1053~01

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その1

グロトリアンに行ってきた その1 近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行くぞー!! ブラウ

記事を読む

blog_import_501d63b16da15

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その13

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その13 まあ!何ということでしょう!!(テレビのリ

記事を読む

blog_import_501d640b8fe1b

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その16

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その16 そして、1890年からの工場がこの

記事を読む

blog_import_501d603bdba9c

ゲゲ!ルーフトハンザ航空はパイロットのストライキ!?

ゲゲ!ルーフトハンザ航空はパイロットのストライキ!? 成田からフランクフルトにはどうやら飛ぶらしい

記事を読む

PAGE TOP ↑