*

■プレイエルとベヒシュタイン -2

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, ブログ

Hanns・ベヒシュタイン
 ベヒシュタイン創業者カール・ベヒシュタインは、青年時代にプレイエルのドレスデン(ドイツ)工場で修業をしています。当時最先端のピアノ作りをするメーカーはイギリスやフランスのメーカーで、ベヒシュタインが創業したころのドイツでは異国のピアノが高い評価を受けていました。
 ベヒシュタインピアノを最初に評価したのはリストの一番弟子であるハンス・フォン・ビュローでした。1856年、自身の恩師であるリストのソナタロ短調を演奏したリサイタルが好評を博し、その時使用されたベヒシュタインの名はドイツ中に広まりました。
 音は一粒一粒の音の輪郭がハッキリと聞き取れる透明感に満ちた音色で、これはプレイエルで修業を積んだ成果とも言えます。プレイエルは明るい音が特徴ですが、ベヒシュタインは滑舌こそよいものの厳格さと気品に満ちています。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

151224_fazi_f212_n2

輸入ピアノ FAZIOLI F-212 試弾会再開 

ザラフィアンツ5/18 ファツィオリF-212は、コンサートピアノの一つと言えましょう。その音

記事を読む

STEINWAY & GROTRIAN

スケジュール サロン予約状況

記事を読む

b1c262a8dfbcdbe1a26ab52962fa2f33

「男のコンサート」Vol.29  2017年5月21日(日) 開演13:00 入場無料!

入場・懇親会参加申込受付 電話 03-5225-1353 (受付時間11:00~19:00月曜定

記事を読む

blog_import_501d4544546af

ペトロフはフルコンもあるのだ!

ペトロフはフルコンもあるのだ! メーカーにとってコンサートグランドはフラッグシップ。 カポダスト

記事を読む

ペトロフの納品に行きました。

ペトロフの納品に行きました。 3人兄妹はヨーロッパのピアノに興味津々! とても仲がいいので2人に

記事を読む

何をしている所でしょうか?  その2

何をしている所でしょうか?  その2 Keyの深さを調整しています。 Keyの深さは約1cmです

記事を読む

130629_1233

C.Bechstein classic 118 の納品調律に行った。

C.Bechsteinclassic 118 の納品調律に行った。 調律後にホールニューワール

記事を読む

全国的に有名に・・・

全国的に有名に・・・ ここは唐津湾「東の浜」から、玄界灘(日本海)を眺めたところ。 子供の頃、毎

記事を読む

PAGE TOP ↑