*

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 おすすめ記事, ブログ

Ele124・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由
輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方もいらっしゃると思います。たしかに国産ピアノに比べるとデリケートで、日頃の管理には気を使わないと良い音が保持できなかったり不具合が生じる可能性もあります。その原因は一般的に「気候の違うヨーロッパで作られたピアノは高温多湿の日本には合わないから」とされています。
たしかにその通りで、ヨーロッパでシーズニングされた素材は当然ヨーロッパ仕様になっているわけで、環境の違う場所に移動すればシーズニングに再度時間が必要となりますので、この一般的な指摘は正しいと言えます。人も新しい環境に馴染むのにはそれなりの時間が必要なことと同じです。

おすすめ記事

関連記事

インハーモニシティー データ

インハーモニシティー データ ピアノが語ってくれたもの-その15

ピアノが語ってくれたもの-その15 弦設計が語るピアノキャラクター Q.弦設計がメーカーのコンセ

記事を読む

フレームサーフェーサー2

ピアノフレーム サーフェーサー処理-2 ピアノが語ってくれたもの-その14

ピアノが語ってくれたもの-その14 インハーモニシティー Q.それでは、次に、弦設計(メンズレー

記事を読む

ピアノパッサージュ スタインウェイZ114

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。

スタインウェイ Z 114 の納品に行った。 年内に納品が出来て、本当に良かったですね♪

記事を読む

DSC_0610-977x550

BECHSTEIN Mod.M-180 CHP  ピラミッドマホガニー

BECHSTEIN Mod.M-180 ピラミッドマホガニーの木目が貴重な一台。 熟成されてきた

記事を読む

サンタクローチェ

サンタクローチェ教会 ピアノが語ってくれたもの-その39

ピアノが語ってくれたもの-その39 土台を学ぶこと A. 自分にとっての土台とは何だろう?基礎と

記事を読む

2018-11-11 13-34
冨澤裕貴 ピアノ独奏会 2018.11.22 台東区生涯学習センター ミレニアムホール

IMG_1637
Wir Liben BECHSTEIN ベヒシュタイン V-200 P.Yamauchi 試弾会開催!!

2018-10-24 18-24-001
サロン・ド・パッサージュ 四本の弦にて 無伴奏ヴァイオリンでつむぐ 竹内英美子 2018.11.25

サロン・ド・パッサージュ せんぷれあっちーね Vol.8 2018.12.8

201810Musikgenuss_vol1修正 (5)-001
サロン・ド・パッサージュ Musikigenuss! vol.1 トリオコンサート 2019.1.14(月祝)

P1040845
サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.34  2019年3月17日(日) 開演13:00 入場無料!

写真 1 (4)
ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノ BECHSTEIN

IMG_4154
今月のおすすめピアノ! プレイエル F-164 ローズウッド艶出し 貴重な逸品

IMG_4134
今月のおすすめピアノ! C.BECHSTEIN コンサート8

IMG_1529
今月のおすすめピアノ! C.BECHSTEIN A-3アカデミーモデル 優良中古

blog_import_501d3d12ad8c4
素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法

Wir Liben BECHSTEIN  ドイツ技術研修と165周年記念フェスティバルの旅 SK-8

IMG_1745
C.BECHSTEIN 新品 Newモデル アカデミー A114 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン  A112の納品に行った。

IMG_1739
サロン・ド・パッサージュ 対話するピアノたちに向けて調律中!

IMG_1711
スタインウェイ K-132 近々入荷

→もっと見る

PAGE TOP ↑