*

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ記事, ブログ

Ele124・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由
輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方もいらっしゃると思います。たしかに国産ピアノに比べるとデリケートで、日頃の管理には気を使わないと良い音が保持できなかったり不具合が生じる可能性もあります。その原因は一般的に「気候の違うヨーロッパで作られたピアノは高温多湿の日本には合わないから」とされています。
たしかにその通りで、ヨーロッパでシーズニングされた素材は当然ヨーロッパ仕様になっているわけで、環境の違う場所に移動すればシーズニングに再度時間が必要となりますので、この一般的な指摘は正しいと言えます。人も新しい環境に馴染むのにはそれなりの時間が必要なことと同じです。

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

IMG_0231

輸入ピアノ 現在楽しく、悩ましくピアノ選び中です。

ベヒシュタインその音色の美しさ[/intlink]   Q:現在楽しく、悩ましくピアノ

記事を読む

Bechstein A3 の納品調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   Bechstein

記事を読む

スタインウェイB11デュ高音部

輸入ピアノ 特徴と違い -1 スタインウェイ&ベーゼンドルファー(高音部バックレングス編)

輸入ピアノ 特徴と違い -1  当社に展示中の輸入ピアノの違いを見ていきましょう。 スタ

記事を読む

MP

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -2

輸入ピアノ 管理を怠るとピアノはどうなるか 輸入ピアノの管理を怠ると、湿温度変化の影響を受けます。

記事を読む

ドゥオモ

ドゥオモ ピアノが語ってくれたもの-その23

ピアノが語ってくれたもの-その23 コンセプト Q.それでは、肌で感じた部分はどのようなところな

記事を読む

太田太郎 サロンコンサートのひととき ”変奏の叙情性(リリシズム)にみる音楽の遊び”

201911DuoSalonConcert三稿_page-0001
サロン・ド・パッサージュ 内海万里子&西野智也 Duo Salon Concert 「ベートーヴェン生誕250周年と春の名曲選」2020.3.29

ベヒシュタイン コントア118 ピアノが語ってくれたもの レビュー編

84652223_1543000572520382_8623427949565050880_n
武蔵ホール 調律に行った。

thumbnail_IMG_8097
ベヒシュタイン L-165 ピアノが語ってくれたもの レビュー編

1313
サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.38  2020年5月17日(日) 開演13:00 入場無料!

DSC_0232
C.BECHSTEIN 12n 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 展示中 

thumbnail_IMG_0249
ベヒシュタイン K-158 輸入ピアノ ピアノパッサージュ 調整中

thumbnail_IMG_2061
スタインウェイ A-188 クラロウォルナット 特注モデル6本脚 STEINWAY&SONS 

thumbnail_IMG_2329
Wir lieben BECHSTEIN  ベヒシュタイン アップライトを弾いてみませんか

thumbnail_IMG_0229
ベヒシュタイン L-165 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

thumbnail_IMG_0212
W.HOFFMANN T-161 新品 Made by BECHSTEIN輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C_Bechstein_Concert_D_282_black_pol_open_520x550x72x80
メーカー別おすすめ記事

DSC_0117
1936年製のプレイエルの修理が終了し、納品になりました。

blog_import_501d3d12ad8c4
素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

unnamed
C.BECHSTEIN コンサート8 近々入荷

thumbnail_IMG_0434
3月4日まで スタインウェイ EE-165 ニューヨーク 入荷しました

→もっと見る

PAGE TOP ↑