*

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 おすすめ記事, ブログ

Ele124・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由
輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方もいらっしゃると思います。たしかに国産ピアノに比べるとデリケートで、日頃の管理には気を使わないと良い音が保持できなかったり不具合が生じる可能性もあります。その原因は一般的に「気候の違うヨーロッパで作られたピアノは高温多湿の日本には合わないから」とされています。
たしかにその通りで、ヨーロッパでシーズニングされた素材は当然ヨーロッパ仕様になっているわけで、環境の違う場所に移動すればシーズニングに再度時間が必要となりますので、この一般的な指摘は正しいと言えます。人も新しい環境に馴染むのにはそれなりの時間が必要なことと同じです。

おすすめ記事

関連記事

IMG_0784-225x300

20世紀初頭のベヒシュタイン&スタインウェイ 総集編 更新中

1901年と1902年 ベヒシュタインV-200 クラシック 1901年 1901年 なんと!2

記事を読む

2017-11-13 08-53-54 (2)

スタインウェイ A-188 Texaco Oil特注モデル6本脚 メトロポリタン博物館展示STEINWAY&SONS 入荷しました

ホーム スタインウェイ STEINWAY&SONS スタインウェイ A-188 Texaco

記事を読む

IMG_0769

ピアノパッサージュ グロトリアン コントア 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 甘い音色とシンギングトーン グロトリ

記事を読む

IMG_0725

ピアノパッサージュ ベヒシュタイン 12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN Mod.12n 珍しいシック

記事を読む

サロンでは…。

サロンでは…。 アトリエグリーンの21世紀-第11回 グリーンシューズ・コンサート 歌あり、ピア

記事を読む

ピアノパッサージュ グロトリアン輸入元プレゼント♪

2012年5月12日(土曜日) グロトリアン輸入元プレゼント♪

グロトリアン輸入元の企画による、 素敵なトークピアノコンサートのプレゼント♪ 参

記事を読む

グランドピアノ キャスターについて

サロンではグロトリアンコンサートロイヤルの試弾会を企画中ですが、通常サロン発表会にはスタインウェイB

記事を読む

blog_import_501d59d5a83e6

「BECHSTEIN・ナウ」その29 出荷準備 旅立ちの日

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]   出荷準備

記事を読む

ベヒシュタイン 12Nの納入調律に行きました。

ベヒシュタイン 12Nの納入調律に行きました。 このピアノにして良かったです。 ナイトーンで夜も

記事を読む

PAGE TOP ↑