*

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -1

公開日: : 最終更新日:2015/10/08 おすすめ記事, ブログ

Ele124・輸入ピアノ 適切な管理が必要な理由
輸入ピアノは管理が大変、故障しやすい、という評価を耳にする方もいらっしゃると思います。たしかに国産ピアノに比べるとデリケートで、日頃の管理には気を使わないと良い音が保持できなかったり不具合が生じる可能性もあります。その原因は一般的に「気候の違うヨーロッパで作られたピアノは高温多湿の日本には合わないから」とされています。
たしかにその通りで、ヨーロッパでシーズニングされた素材は当然ヨーロッパ仕様になっているわけで、環境の違う場所に移動すればシーズニングに再度時間が必要となりますので、この一般的な指摘は正しいと言えます。人も新しい環境に馴染むのにはそれなりの時間が必要なことと同じです。

おすすめ記事

関連記事

070822_1800

赤レンガのベヒシュタイン工場 その10

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタ

記事を読む

IMG_1402

C.BECHSTEIN 新品 Newアカデミー A112 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン Newアカデミー A112 高さ112センチでありながら その表現力の豊かさ、音量

記事を読む

technikerakademie_galerie_3

■ベヒシュタインニュース■ 技術アカデミー 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ■ベヒシュタインニュース■ ・ベヒシュタイン・

記事を読む

wh_panel_02

■輸入ピアノ ベヒシュタインが設計・製造するホフマン -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・ホフマンは輸入ピアノらしい個性ある音色を持ちつつ、

記事を読む

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -2

ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nの設計はマイスターピースclassic118に引き継

記事を読む

PAGE TOP ↑