*

ベヒシュタインK158の調律に行った

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 グランドピアノ, ピアノ調律, ブログ, ベヒシュタインピアノ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 ピアノパッサージュ ベヒシュタインK158ベヒシュタインK158の調律に行った

1995年くらいの製造で小型ながら瞬発力がすごい楽器だ。

調律のスイートスポットも非常にタイトなのでやりがいがある。

ヨーロッパの響きを求めての日々なのだ。

おすすめ記事

関連記事

090420_1017

ベヒシュタインの調子はどうかな?

ベヒシュタインの調子はどうかな? このベヒシュタインは約20年ほどたったM型。 グランドピアノ1

記事を読む

SONY DSC

ピアノパッサージュ 技術動画 調律編

ホーム    ピアノパッサージュスタッフ調律師の作業

記事を読む

steinway

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -5

・ヨーロッパピアノ、ピアノに対する考え方 ヨーロッパピアノメーカーにとって最も重要な事は音色と響き

記事を読む

12n,ベヒシュタイン,販売代理店,ピアノ日本

ベヒシュタイン12Nの納品に行った。

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン12Nの納品に行った。 職場

記事を読む

ノアン ショパンの部屋

サンドの別荘 ショパンの部屋 ピアノが語ってくれたもの-その8

ピアノが語ってくれたもの-その8 演奏者のスタイル Q.演奏者によって好みのタッチがあるのでしょ

記事を読む

PAGE TOP ↑