*

マイスター P.ヤマウチさんのベヒシュタイン整音社内研修会 Vol.2  2014.10

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 
DSCN0486マイスター P.ヤマウチさんのベヒシュタイン整音研修会 2014.10.6・7

前回が2013年5月27・28日だったので今回は1年と4カ月後の整音研修。

ヤマウチさんの約40年のベルリン・ベヒシュタイン工場の経験や整音に対する信念に当社の技術者にとって大きな感動と発見をさせていただいております。

何回も経験することは理解を深め前回には理解できなかったことや感じなかったこともあらためて気がつくことが多いと思う。

今回はこの夏約2年半の研修期間を終え正式スタッフとなった小堀君も参加。

141006_1703

作業はヨーロッパの工場のように蛍光灯を付けず多少暗めの電球色の明かりにすることから始まった。

下整調の確認と作部動作のチェックをしているところ。

ピアノパッサージュ株式会社まず、整音作業に必要な音の5大要素の説明があり、マイスターが整音作業実践を見学しながら、基本になるサンプルを作ってくださった。

どのような数の針をどのような角度でどこから何回、その後の3弦合わせチェックと強打後の再チェックなどなど、場所によっては作業を念入りに繰り返しながら進んでいく。

音を聴いた後、調律のピンセットによる音色の明暗の実践もあった。

ピアノパッサージュ株式会社ピアノパッサージュ株式会社また、アップライトの出荷調整における整音作業研修も当社としては多くの実践現場が起こりえるので、お願いした。

スタッフには今まで以上に日々の仕事にやりがいと新たな思いが多く生まれたようだ。

ピアノパッサージュ株式会社b1日目の作業を終了後各人でピアノの聴き比べや感想を話し合った。

ベヒシュタインというピアノを理解を深め、使う方々に伝えていくことの大切さや、技術を高めていくことでより広がっていくだろう未来に話が進んだ。

 

とても勉強になり、超満腹!!消化不良気味ですが、少しずつかみしめながら日々の仕事に生かしていくことでしょう。

月火曜日と社員研修のためお休みさせていただきました。ご迷惑をおかけしました。

今後ともよろしくお願いします。

赤レンガのベヒシュタイン工場
 
ベヒシュタイン工場ナウ

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d640b8fe1b

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その16

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その16 そして、1890年からの工場がこの

記事を読む

blog_import_501d63df9b524

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その15

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その15 1859年には、工場をブラウンシュバイクの

記事を読む

blog_import_501d64d3b3a1f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その25

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その25 構内中庭にはなんかようわからんもんが…。ド

記事を読む

blog_import_501d65a1bc64d

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28 グロトリアンでブラームスを弾いて感じるの図

記事を読む

blog_import_501d649a2e83f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その23 ってな訳でやってきました。ハノーファー!

記事を読む

PAGE TOP ↑