*

神田川右岸のピアノ工房 その2

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ修理

8e2f54c8.jpg神田川右岸のピアノ工房 その2
アクションや鍵盤それから、鍵盤の下の板を取り外し、弦の交換と相成りました。
低音弦の駒もひび割れが出来ていたので修理接着を行い、低音弦はドイツ製の銅線を巻き線に使用しました。
匠の巻いた巻き線は豊かな部分音をもち、とくにペダルを踏んだ時のピアノの音色にまろやかさや豊かさが増す重要なセレクションなのです。
近代ピアノの交差弦による低音弦共鳴効果をよりよくするためには弦の品質がどうしても重要になるのですね。
チューニングピンも交換してとてもきれいになりましたね。

おすすめ記事

関連記事

シュテファン大聖堂

シュテファン大聖堂 ピアノが語ってくれたもの-その25

ピアノが語ってくれたもの-その25 大陸的発想?文化的発想? Q.成長し続けるってことでしょうね

記事を読む

DSC_0600-2

グロトリアン フリードリッヒ 新品 入荷しました 輸入ピアノ GROTRIAN 展示中

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロトリアン 甘い音色

記事を読む

ショパン プレイエル

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

スタジオB グロトリアン208

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -4

・国産ピアノ、ピアノに対する考え方 どんなモノでもたくさん作ってたくさんの人に使ってもらうことを考

記事を読む

IMG_0241-1024x752

ベヒシュタイン A3(B116 コンパクト) ウォルナット艶消 2010年製 3本ペダル

仕様:ベヒシュタイン A3(B116 Compact) ブランド ベ

記事を読む

PAGE TOP ↑