*

神田川右岸のピアノ工房 その2

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ修理

8e2f54c8.jpg神田川右岸のピアノ工房 その2
アクションや鍵盤それから、鍵盤の下の板を取り外し、弦の交換と相成りました。
低音弦の駒もひび割れが出来ていたので修理接着を行い、低音弦はドイツ製の銅線を巻き線に使用しました。
匠の巻いた巻き線は豊かな部分音をもち、とくにペダルを踏んだ時のピアノの音色にまろやかさや豊かさが増す重要なセレクションなのです。
近代ピアノの交差弦による低音弦共鳴効果をよりよくするためには弦の品質がどうしても重要になるのですね。
チューニングピンも交換してとてもきれいになりましたね。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d6444c17c5

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その18 クララ

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その18 お!出てきた出てきた!! このピアノがな

記事を読む

blog_import_501d6071b857e

グロトリアン・ファミリーという考え方・・・。

グロトリアン・ファミリーという考え方・・・。 音楽が好きでピアノが好きでそれぞれの立場でグロトリア

記事を読む

blog_import_501d65a1bc64d

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28 グロトリアンでブラームスを弾いて感じるの図

記事を読む

ハノーファー音楽大学

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その27

ハノーファー音楽大学[/caption] 近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その

記事を読む

blog_import_501d64fc3f89a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その26

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その26 これが「カタツムリ」と呼ばれる音大練習室。

記事を読む

PAGE TOP ↑