*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その20

公開日: : 最終更新日:2015/11/29 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d646eaf733
近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その20
blog_import_501d64708d93c
1920年代のアールデコ全盛のピーク時から世界大恐慌翌年(1930年)において、工場の大幅な縮小なども経験している。
奥行き140cmのベビーグランドや身の丈150cmの特大アップライトまで作っていたようだ。
その年の機種別生産台数や工場の職人数など見事な資料がしっかりと残っている。
う~む。さすが、ドイツ人。
シュタイン社長!貴重な写真を見せてくれて本当にありがとうございます。
今度は工場廊下に飾ってる写真を見てみよう…。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事

関連記事

ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン Mod.M-180 黒艶出

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink] 仕様:BECHSTE

記事を読む

090417_1005

ベヒシュタインの納品に行きました。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタインの納品に行きま

記事を読む

IMG_1402

C.BECHSTEIN 新品 Newアカデミー A112 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン Newアカデミー A112 高さ112センチでありながら その表現力の豊かさ、音量

記事を読む

070918_0939

赤レンガのベヒシュタイン工場 その17

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

070918_0941

赤レンガのベヒシュタイン工場 その21

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

PAGE TOP ↑