*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その16

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d640b8fe1b
近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その16
blog_import_501d6413a3d0d
そして、1890年からの工場がこの写真。ブラウンシュヴァイクで2つ目の工場だ。
巨大な馬蹄形の建物で、中には線路も敷かれていたそうだ。
ピアノ作りの黄金期とも言える。
世紀末芸術とともに音楽もピアノ製造も豊かな黄金時代だったようだ。
blog_import_501d641522631これが現在の建物。
壁面にグロトリアン当時のロゴはまだ残されたままだ。渋いねぇ~。
blog_import_501d641d85bd3
第二次大戦の爆撃で馬蹄形をしていた建物の半分は破壊された。
この建物は1974年までグロトリアン工場として使用されていたが、現在はブラウンシュヴァイク工業大学の校舎の一部で建築を専攻する学生の学び舎として活用されている Zimmerstrasse 24 だそうである。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

PAGE TOP ↑