*

今回の出張の主な目的はグロトリアンの技術研修である。

公開日: : 最終更新日:2017/02/25 グロトリアン, グロトリアンピアノ

グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール

グロトリアン 展示一覧

グロトリアン 甘い音色とシンギングトーン

blog_import_501d604581164今回の出張の主な目的はグロトリアンの技術研修である。
グロトリアンはドイツのハノーファー州はブラウンシュヴァイクというところにある。ドイツ国のほぼ中央のチョット上あたりで、ハンブルグとベルリンとフランクフルトを結んだ二等辺三角形のまた中央になる。面白いね。
市の中心地にある2か所の工場を経て、現在の工場は北北西の郊外工業団地に位置し、目の前の通りはGrotrian Str.(グロトリアン通り)と命名されている。
写真はひとつ前の旧工場。世界恐慌前のピーク時は従業員が1000人弱、敷地が50000㎡。構内に引込線路も多数あったそうだ。恐慌後は従業員は6分の1までに激減する。その後第二次大戦に突入し、この建物も大部分は破壊され、修復したが、半分は失われた。現在は専門学校の建物として使用されている。
今回の旅は、それらの古い工場の跡地やグロトリアンのルーツをたどり、かつまたゼーゼンにも行くことにした。
ゼーゼンはH.E.Steinweg氏が有名なキッチンピアノを作ったところだ。
グロトリアンやスタインウェイの原点はこのゼーゼンの地にあるのだった。
何と!この近代ピアノのルーツとも言うべき「キッチンピアノ」はグロトリアンショールームに展示してあった。
また、クララ・シューマンが演奏会で持ち運んで使用した当時のグランドピアノもオリジナルで見ることができた。
本来は博物館に展示してあるものだが、博物館の改装中とかで、グロトリアン工場に保管中であった。音も聴けたのだった。ラッキー!
てな訳で、写真等や詳しい技術研修の内容は後日スタイン氏の了解をとって公開することにしよう。
そういえば、『クララ・シューマン 愛の協奏曲』のアンコール上映が決まったそうで…。行こうっかなっと!
—-
天才作曲家シューマンと妻クララ、そして若き作曲家ブラームスが過ごした愛の日々を、ブラームスの子孫であるヘルマ・サンダース=ブラームス監督によって描かれた『クララ・シューマン 愛の協奏曲』。クラシックの名曲とともに綴られる、愛と感動の物語は何度観ても皆さんの心に迫ります。迫力のコンサートシーンもお見逃しなく!

『クララ・シューマン 愛の協奏曲』★

おすすめ記事

関連記事

P1040845

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.33  2018年10月28日(日) 開演13:00 入場無料!

ブログ おすすめ記事 入場・懇親会参加申込 その他お問い合わせ 電話 03-5225-1

記事を読む

IMG_1529

今月のおすすめピアノ! C.BECHSTEIN A-3アカデミーモデル 優良中古

仕様:ベヒシュタイン A-3 アカデミーモデル 2008年製のとてもきれいなアカデミーです。 ベ

記事を読む

IMG_4154

今月のおすすめピアノ! プレイエル F-164 ローズウッド艶出し 貴重な逸品

写真:プレイエル  美しいローズウッド究極の外装です。 艶出しの高級感が漂います。 フレー

記事を読む

IMG_4134

今月のおすすめピアノ! C.BECHSTEIN コンサート8

BECHSTEIN コンサート8 黒艶出し 新品同様!超お買い得価格 夢のピアノ。160年以上に

記事を読む

Debussy_Zitatebild

Wir Liben BECHSTEIN  ベヒシュタイン弾き比べ聞き比べ

Wir Liben BECHSTEIN   ベヒシュタイン弾き比べ企画 好評により延長  ご

記事を読む

写真 1 (4)

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノ BECHSTEIN

ブログ おすすめ記事  ベヒシュタイン現在のおすすめ展示ピアノ アカデミーA3 チェリー艶

記事を読む

2018-08-11 12-40

サロン・ド・パッサージュ 対話するピアノたち 内藤晃&渡邊智道(2台ピアノ) 2018.11.17

対話するピアノたち 内藤晃&渡邊智道(2台ピアノ) 2018.11.17 会場 サロン・ド・パ

記事を読む

IMG_1360

C.BECHSTEIN 12n 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

BECHSTEIN Mod.12n ウォルナット艶消しタイプ。お得なナイトーン付 上品な音色。楽

記事を読む

blog_import_501d3d12ad8c4

素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法

トップページ おすすめ記事総集編 「あなたにとって世界一素敵なお仕事は何でしょうか?」と

記事を読む

浜松に行きました。その4

浜松に行きました。その4 シュバイツァースタインピアノ シュバイツァ技研が製造するピアノだ。

記事を読む

アトラスと言うピアノメーカーがあった。

アトラスと言うピアノメーカーがあった。 アトラスピアノはかつてヤマハ・カワイに次いで第3のピアノメ

記事を読む

俺たちnekozeブラザーズ!!

俺たちnekozeブラザーズ!!

記事を読む

000

サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.32  2018年7月16日(祝月) 開演13:00 入場無料!

トップページ 出演エントリー受付 Vol.32エントリー終了!おかげさまで定員に達しまし

記事を読む

4.0.1

ドビュッシーの楽譜をもってベヒシュタインをひいてみませんか

ドビュッシーの楽譜をもってベヒシュタインをひいてみませんか 4台のベヒシュタインでお楽しみくだ

記事を読む

PAGE TOP ↑