*

日本で最初に響いたピアノはシーボルトがイギリス製のスクエアピアノをドイツから持ってきた物だったのだ。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ史, 日本ピアノ調律師協会

73596317.jpg日本で最初に響いたピアノはシーボルトがイギリス製のスクエアピアノをドイツから持ってきた物だったのだ。
時は江戸時代「シーボルト事件」は起こった。
「シーボルト事件」とは?
文政11年(1828年)9月、バイエルン王国(現ドイツ)の医師であるシーボルトがオランダ商館付として来日後、帰国する直前、所持品の中に国外に持ち出すことが禁じられていた日本地図などが見つかり、シーボルトは文政12年(1829年)に国外追放のうえ再渡航禁止の処分を受けた。 だそうで・・・。
ここで疑問?当時、鎖国政策中の徳川幕府はオランダ人とのみ長崎出島で国外貿易していたはず。ドイツ人がどうして来日及び滞在できたのか?おまけに日本を愛し日本人女性と結婚までしている。このあたり、なんか、オペラ「蝶々婦人」を考えてしまい、映画「007は二度死ぬ」を思い出すなぁ・・。
浜美枝!きれいだったなぁ・・・。(遠い目)
おっと、話は戻って、どうやらシーボルトさん、入国審査の時、手間取ったようだ。
オランダ語のヘタクソな医者がいると話題になったことが当時の記録にあるらしい・・。
ちょっと納得。一部にはばれてたのかもね・・・。
んでもって、シーボルトさんはとても偉かったねぇ。
日本に西洋音楽を楽器ごと持ってきたのでした。
強制送還のためか、ピアノはお世話になった方に置き土産して帰国。
★ イギリス製ウイリアム・ロルフ&サンズピアノ製のスクエアピアノ
2a293a09.jpg製作年は1819年。
お!クララ・シューマンが生まれた年でザウターピアノの創業年やないの!
おっと!そーいえば、来年はシューマン&ショパン生誕200年祭!
当社もグロトリアンピアノを使ってお祝いをしようっと・・・。(ちょっと遠い目)
またまた、話はもどって、当社の筒井君が10年前に萩市にこのピアノフォルテを見に行ったそうな。★ シーボルトのピアノ見聞記
今回我らが誇る「社団法人日本ピアノ調律師協会」が事業の一環として修復作業に携わったのでした。
プロジェクトリーダーは関東支部会員・修理の達人(鬼?)・「親方」小野さん。
すごい技術だよね。そんでもって★ 修復の様子ってなわけなのだ。
ピアノ伝来 1823年 長崎出島 フィリップ・フランツ・フォン・シーボルト!
試験問題にならないかなぁ?
日本のピアノの夜明けは明治維新より古いんだねぇ。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d4684089e6

ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・

記事を読む

150822_1125

ベヒシュタイン 12b

BECHSTEIN Mod.12b 明るい色のウォルナット。 軽いタッチと響きの奥深さが魅力的で

記事を読む

ベヒシュタイン12Nの納品に行った

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタイン12Nの納品に

記事を読む

ケルン大聖堂夕景

Bechstein B116 Compact ベヒシュタイン B116コンパクトの新品と中古 -2

ケルン大聖堂夕景[/caption]■ベヒシュタインB116Compactの構造 響板には除響板

記事を読む

101020_1809~01

ベヒシュタイン 12b チッペンデール 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノに興味をもたれたきっかけは?  まず、国産の

記事を読む

PAGE TOP ↑