*

「BECHSTEIN・ナウ」その13

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 おすすめ記事, ベヒシュタインナウ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 0120鉄骨錆落としDSC00ss745
0123鉄骨研ぎ0122鉄骨下地20124鉄骨最終
DSC00741
鉄骨(フレーム)塗装
フレームはじっくりシーズニングされます。
ネズミ鋳鉄は如何に最新特殊技術で作られてもねじれや縮小などの変化が起こるのです。
その変化を待つのがシーズニング。
シーズニングの済んだフレームは順次磨かれ塗装されまた磨かれることを繰り返します。
複雑な形状で曲面も多いフレームは手作業以外に方法はなく、じっくりと磨かれていきます。皆さん単調でつらい作業をありがとう。

「BECHSTEIN・ナウ」総集編

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d63a18f3b5

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その12

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その12 グロトリアンのルーツ。それは、ブラウンシュ

記事を読む

blog_import_501d64d3b3a1f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その25

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その25 構内中庭にはなんかようわからんもんが…。ド

記事を読む

blog_import_501d61e7ed680

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その3

グロトリアンに行ってきた その3 さてさて、ドイツは遠い。地球はでかい! 私の恩師調律師の中には

記事を読む

ハノーファー音楽大学

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その27

ハノーファー音楽大学[/caption] 近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その

記事を読む

blog_import_501d629f549a0

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その10

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その10 心街の時計塔。ヨーロッパには時計塔や教会な

記事を読む

PAGE TOP ↑