*

「BECHSTEIN・ナウ」その6 内リムと外リムの接着

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 おすすめ記事, ベヒシュタインナウ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 
blog_import_501d58449f43eblog_import_501d584604eb8
内リムと外リムの接着
マイスターの話しでは接着とは実に不思議な現象でもあり、慎重で難しい部分だそうです。
たとえば、平らなガラスとガラスをくっつけるような場合は水を間に入れるだけでくっついた感じになりますよね。
接着で最も重要なことは接着面がなるべく平になって(密着して)いることと、接着剤がしっかり浸みていることなんだって。
だから、接着前の表面処理と接着後の乾燥(一度水分を含むから)に時間と手間をかけてくれるんですね。

「BECHSTEIN・ナウ」総集編

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタイン12b

■ベヒシュタイン12bとベヒシュタインclassic118、それぞれのピアノ -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン12b ・12bはベヒシュタイ

記事を読む

ベヒシュタイン12Nの納品に行った

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタイン12Nの納品に

記事を読む

090420_1017

ベヒシュタインの調子はどうかな?

ベヒシュタインの調子はどうかな? このベヒシュタインは約20年ほどたったM型。 グランドピアノ1

記事を読む

130430_1919~01

ベヒシュタイン L165の納入調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタインL165の納入

記事を読む

ベヒシュタイン12nの納入調律に行った。

ベヒシュタイン12nの納入調律に行った。 とても気に入ってらっしゃるご様子。 良いピアノとの出会

記事を読む

PAGE TOP ↑