*

「BECHSTEIN・ナウ」その6 内リムと外リムの接着

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 おすすめ記事, ベヒシュタインナウ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 
blog_import_501d58449f43eblog_import_501d584604eb8
内リムと外リムの接着
マイスターの話しでは接着とは実に不思議な現象でもあり、慎重で難しい部分だそうです。
たとえば、平らなガラスとガラスをくっつけるような場合は水を間に入れるだけでくっついた感じになりますよね。
接着で最も重要なことは接着面がなるべく平になって(密着して)いることと、接着剤がしっかり浸みていることなんだって。
だから、接着前の表面処理と接着後の乾燥(一度水分を含むから)に時間と手間をかけてくれるんですね。

「BECHSTEIN・ナウ」総集編

おすすめ記事

関連記事

PETOROF C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。

ペトロフP118C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。 今日からコーラスの伴奏の練習が楽しみです

記事を読む

blog_import_501d3d4e7ba5e

なぜ?ペトロフ? その5 チェコのピアノ作り 発祥

チェコは音楽家の国とよく言われます。創業141年にも及ぶペトロフ社の歴史の中で50万台以上のピアノが

記事を読む

blog_import_501d3d33aab5c

なぜ?ペトロフ? その2 材質と構造

ピアノは多くの木材が響くように工夫してあります。ペトロフはベーゼンドルファーと同じように、使用木材を

記事を読む

20160529_184250

ペトロフ P118P1 マホガニー艶出 

ホーム    ペトロフ ロマンティックトーンペトロフ P118P1 マホガニー艶出 仕様

記事を読む

55610c25d628705bde31c82a4bd64fbf

PETROF  製造年 -製造番号

1900 -13000 1963 -94800 1990 -50

記事を読む

PAGE TOP ↑