*

「BECHSTEIN・ナウ」その2 製造拠点はザクセン州のザイフェナースドルフ

公開日: : 最終更新日:2016/04/22 おすすめ記事, ベヒシュタインナウ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN
 blog_import_501d5807b6112

blog_import_501d580ab36b2

715eed12.jpg

ベヒシュタイン工場

ベヒシュタインと言えばベルリンですが、現在の私たちのにあります。
もちろん、ベルリンにも出荷調整とショールーム拠点は残されています。
ドイツの首都での演奏家やピアノファンと私たちとの交流をこれからも大切にしたいからだそうです。
写真のザクセン州の工場はいつも整然として、効率よく仕事を遂行し、思いやりを持ってベヒシュタインを心に響く音で歌えるよう日々努力しているそうです。
「BECHSTEIN・ナウ」今回のベヒシュタイン工場の旅はベヒシュタインピアノを作ってくれる人々にスポットをあてて進めていきましょう。

「BECHSTEIN・ナウ」総集編

おすすめ記事

関連記事

steinway

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -5

・ヨーロッパピアノ、ピアノに対する考え方 ヨーロッパピアノメーカーにとって最も重要な事は音色と響き

記事を読む

DSC_0600-2

グロトリアン フリードリッヒ 新品 輸入ピアノ GROTRIAN 

アクセス グロトリアンコンサートロイヤル月瀬ホール グロトリアン 展示一覧 グロト

記事を読む

Mod.12n

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ Mod.12n[/caption] ・12n

記事を読む

DSCF3079-225x300

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更

記事を読む

ウィーン ベーゼンドルファー

ベーゼンドルファー in Wien ピアノが語ってくれたもの-その28

ピアノが語ってくれたもの-その28 仮説その2 フランス語やドイツ語の響きが調律や整音作業に大きく

記事を読む

PAGE TOP ↑