*

アトラスと言うピアノメーカーがあった。

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ピアノ技術関連

0b75bba7.jpgアトラスと言うピアノメーカーがあった。
アトラスピアノはかつてヤマハ・カワイに次いで第3のピアノメーカーだった。
そのマークは国立音楽大学のマークと酷似している。創業時代にアトラスジュニアと言う小型のアップライトピアノを音大に提供し、共に発展してきたこともあった。
私も25年位前だが、浜松の工場に国立音大楽器技術センターの研修生として短期研修でお世話になったこともある。このときもベヒシュタインのベルリン生活同様、昼食はとぉても貧しかったなぁ。
まぎれもなく工場支給の昼食は「日の丸弁当」だったのよ。
初日の昼食の時間、ふたを開けた私の目が点になっていたら、食堂のおばちゃんが気の毒がってふりかけをくれたっけ。
05dd6a11.jpgアトラスピアノ社はアクションも自社生産でプラスチック類を使わずこだわりのメーカーだった。
チェンバロ生産も精力的に行い、浜松全盛期の夢のあるメーカーのひとつだった。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d621f1281a

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その6

グロトリアンに行ってきた その6 ハノーファー駅からはグロトリアン日本輸入総代理店社長のK.バンダ

記事を読む

blog_import_501d646eaf733

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その20

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その20 1920年代のアールデコ全盛のピー

記事を読む

blog_import_501d605544233

グロトリアンの整音は…。

グロトリアンの整音は…。 ザンバルト・メソッドに基づき作業されるそうだ。 これはフライブルク在住

記事を読む

blog_import_501d65a1bc64d

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その28 グロトリアンでブラームスを弾いて感じるの図

記事を読む

blog_import_501d61df6c324

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その2

なぜ?グロトリアンなのか? これを話すと長~いことになるので・・・。ここでの紹介はちょっとだけにし

記事を読む

PAGE TOP ↑