*

スタインウェイシステムのなぞ。なぜ?スタインウェイ?その3

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ記事, なぜ?スタインウェイ

TS380923

スタインウェイシステムのなぞ。なぜ?スタインウェイ?その3
さて?これは何でしょう?
正解はスタインウェイ・グランドピアノのアクションレールです。
ちょっとわかり難いかもしれませんが、赤いラシャの部分の穴にネジが入りハンマーのフレンジをとめます。
他社のレールに比べるとものすごく細いんです。別名チューブレールとも呼ばれるこの部分は真鍮管の中にブッビンガーなどの堅木を入れて四角くプレスしたもの。
この天才的発想がスタインウェイタッチの魅力の一つなのです。
そういえば、今度ベーゼンドルファーの214がパッサージュに入荷します。
ベヒシュタインの L-165もあるし・・・サロンのスタインウェイB-211もある。
そうだ!世界3大ピアノの試弾会をやろうかな!

スタインウェイシステム

パッサージュメニュー

新着情報

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d605544233

グロトリアンの整音は…。

グロトリアンの整音は…。 ザンバルト・メソッドに基づき作業されるそうだ。 これはフライブルク在住

記事を読む

blog_import_501d64c28f325

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その24

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その24 最初に見学したのはリヒャルト・ヤコブ・ザー

記事を読む

blog_import_501d628a852ba

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その9

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その9 ここで、グロトリアンの町「ブラウンシュバイク

記事を読む

ハノーファー音楽大学

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その27

ハノーファー音楽大学[/caption] 近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その

記事を読む

blog_import_501d61e7ed680

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その3

グロトリアンに行ってきた その3 さてさて、ドイツは遠い。地球はでかい! 私の恩師調律師の中には

記事を読む

PAGE TOP ↑