*

何をしている所でしょうか?  その7

公開日: : 最終更新日:2015/12/05 おすすめ記事, ピアノ作り何をしている所?, ピアノ技術関連

023何をしている所でしょうか?  その7
答 グランドピアノの鉄骨(フレーム)の裏側です。
鉄骨の裏側はなかなか見る機会はありませんね。
写真はペトロフの鉄骨です。
ピアノ本体に取り付けられるのを待っている所でしょう。
フレームの下の部分にはピン板が取り付けられています。
ピン板はチューニングピンが打ち込まれ、調律の保持に関わる重要な部分で堅木(ブナ・カエデ等)の合板を使用します。
通常、イギリス・フランス派の一流品(スタインウェイやベヒシュタイン)は堅牢な堅木の側板とピン板を先に密着させその後に鉄骨をのせる方法を選択します。
南ドイツ・ウィーン派のペトロフの側板は柔らかい音の伝搬速度が速い針葉樹なので、あえて、縁切りをして密着させないようですね。
ピアノ作り 何をしているのでしょうか?総集編

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d64c28f325

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その24

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その24 最初に見学したのはリヒャルト・ヤコブ・ザー

記事を読む

blog_import_501d61e7ed680

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その3

グロトリアンに行ってきた その3 さてさて、ドイツは遠い。地球はでかい! 私の恩師調律師の中には

記事を読む

blog_import_501d64d3b3a1f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その25

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その25 構内中庭にはなんかようわからんもんが…。ド

記事を読む

blog_import_501d642ad539f

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17 テオドール

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その17 シュタイン社長との雑談の中でこんな写真も出

記事を読む

blog_import_501d63d29df96

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その14

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その14 これも貴重な写真だ。H.E.シュタインヴェ

記事を読む

PAGE TOP ↑