*

森の音楽会 ピアノが語ってくれたもの-その40

blog_import_501d3d12ad8c4ピアノが語ってくれたもの-その40
刃物研ぎ
Q.そう言えば、27年前の別科調律専修、最初の実習が「刃物研ぎ」でしたね。
A. そうなんです。当時は、いきなりだったし、「なぜ?刃物研ぎなの?便利なカッターナイフや電動工具がある時代なのに?」と不思議にも思いました。
でも、今はその深い意味が少しは理解出来ますね。
Q.技術的な部分の日本人の優秀さは世界でもトップクラスでしょうからね。
A.そうですね。現代、世界に誇れる多くの製造業のなかで精密機器は特に優秀だそうですね。その基礎には江戸の職人技としての宮大工や研ぎ師の伝統があるのかもしれませんね。日本人の美徳や生真面目さは遺伝子レベルでも脈々と受け継がれているのかもしれません。神社仏閣で遊び文化遺産に当たり前のように触れてきたこと尊さがしみじみと感じられます。
Q.その土台や伝統を基にどこに向かうかがコンセプトですね。
A. ピンポ〜ン!それがやっと問われ必要な時代になったのかもね。それだけ、産業が成熟した証拠かもしれませんね。成熟するとハードからソフトの時代になり、これから音楽的なソフト関連は、日本が世界をリードして行くそうですよ。

ピアノが語ってくれたもの 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアン
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
パッサージュチャンネル動画

サロン・スタジオメニュー

サロンご利用案内はこちら
 
スタジオはこちら
 
サロン予約までの流れはこちら
 
フロア案内はこちら
 
サロン休日スケジュールはこちら
 
料金表印刷用はこちら
 
アクセスはこちら

サロン・ド・パッサージュ関連記事

ピアノの先生 世界一素敵な職業
 
おすすめ記事総集編

おすすめ記事

関連記事

IMG_5094

W.HOFFMANN T-161 納品しました。 サロン「奏音の小箱」

奏音の小箱一覧 ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ W.HOFFMANN

記事を読む

フレーム仕上げ

フレーム仕上げ ピアノが語ってくれたもの-その33

ピアノが語ってくれたもの-その33 洋の東西 A. 使用言語を聴いて感じて、そのリズムを持つこと

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

Bechstein A3 の納品調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   Bechstein

記事を読む

プレイエルピアノコンサート

ピアノコンサート in France ピアノが語ってくれたもの-その26

ピアノが語ってくれたもの-その26 「レンガ積み文化」とピアノ A. 継続こそが文化でしょうね。

記事を読む

PAGE TOP ↑