*

ピアノフレーム さび落とし ピン穴開け ピアノが語ってくれたもの-その12

blog_import_501d3bf98f1a6ピアノが語ってくれたもの-その12
歴史が語るピアノキャラクター
Q.ルーツを訪ねて、今を知るってことでしょうね。
A. そうです。ピアノの歴史は300年と一言でいいますが、その中での試行錯誤はすごいものです。また、ピアノ発展史の過程で2つの流派に別れてきました。
Q.いわゆる、2つのアクション形式ですね。突き上げ式(イギリス式アクション)と跳ね返り式(ウィーン式アクション)と呼ばれていますね。
A. 主に製造された国により、イギリス・フランス派と南ドイツ・ウィーン派とも呼ばれています。作業するピアノがどちらにルーツを持つのか?また、どの程度その影響を残しているかが、焦点になります。
Q.ウィーンと言えばベーゼンドルファーが有名ですが。
A.はい。ベーゼンドルファーは究極のピアノの1つでしょうね。ピアノ作り及び音はこうあるべきとお手本のような作り方を現代に継承しています。
ベーゼンドルファーは1909年までウィーン式アクションでピアノを製造していました。20年前の日本では博物館以外にはあまり見かけることがありませんでした。しかし、今ではピアノ史をひも解くレクチャーコンサートで見かけたり、浜離宮ホールにもシュタインの娘ナネッテ作のピアノが常備されている時代になりました。
南ドイツ・ウィーン派の有名な制作者はシュタイン・ワルター・ナネッテシュタイン・シュトライヒャー・グラーフ等です。
また、現存のピアノメーカーではベーゼンドルファー・ザウター・ペトロフ等となります。
それ以外のメーカー(プレイエル・グロトリアン・スタインウェイ・ベヒシュタイン・ブリュートナー・ヤマハ・カワイ・ファツィオリ等)はイギリス・フランス派がルーツとなります。

ピアノが語ってくれたもの 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアン
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
パッサージュチャンネル動画

サロン・スタジオメニュー

サロンご利用案内はこちら
 
スタジオはこちら
 
サロン予約までの流れはこちら
 
フロア案内はこちら
 
サロン休日スケジュールはこちら
 
料金表印刷用はこちら
 
アクセスはこちら

サロン・ド・パッサージュ関連記事

ピアノの先生 世界一素敵な職業
 
おすすめ記事総集編

おすすめ記事

関連記事

IMG_4936

ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った

記事を読む

ベヒシュタイン12b

■ベヒシュタイン12bとベヒシュタインclassic118、それぞれのピアノ -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン12b ・12bはベヒシュタイ

記事を読む

TS380754

赤レンガのベヒシュタイン工場 その16

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

B112Mod

ベヒシュタインプレミアムB112Modernの特徴と価格 -1

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・ベヒシュタインプレミアムB112のサイズ B11

記事を読む

ベヒシュタイン響板

戦前のベヒシュタイングランドピアノ ベルリンと言えば・・・

ホーム    ベヒシュタイン その音色の美しさ 衝撃のベヒシュタインピアノがあるのだ。

記事を読む

PAGE TOP ↑