*

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

blog_import_501d3b88ed41aピアノが語ってくれたもの-その2
耳がものさし
Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパートナーとしての基礎づくり」と以前の資料で表現されていましたね。整調の最終目的はタッチと音を良くするということですよね。
A.はい。そうだと思います。私が18年前当時西ベルリンのベヒシュタインピアノ工場で学んだことで、最も価値があったと思えるのは、「耳がものさし」だと確信できたことです。建前ではよく聞く言葉でした。しかし、肌で感じたことは当時の私にはとても重要でした。とてもうれしかった。「そうだよ。楽器だから何よりもまず音が命でしょう。」とね。ただ、それは恐ろしいことでもありました。私の顔の両側についている耳が出発点であり終着点であるから。これって本当に恐いことですよ。例えば、ピアノはヴァイオリンに比べて部品が非常に多いですね。だから調律師は、均一にする反復作業にエネルギーを使い果たしちゃう。その先に演奏者にとって重要なタッチや求める音があるわけです。何時間も行った作業の結果、「音はどうなったの?」こうなると整調という言葉ではくくれなくなってきますでしょ。
Q.当然、楽器自体のクオリティーや整音、調律。部屋の音響や管理、使用状況も影響してきますね。
A.そうですね。それらを仮に出来たこととして考えましょう。演奏者と調律師の求める音も同じだとして、目的は一致しているのにアプローチが異なるという疑問、違和感かな?を感じてきました。(続く)

ピアノが語ってくれたもの

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

イベント情報

ブログ

パッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

070822_1803

赤レンガのベヒシュタイン工場 その7

ベヒシュタインその音色の美しさ   赤レンガのベヒシュタイン工場 その7 そ

記事を読む

45-1-168x300

ベヒシュタイン12n 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ このたびは大変お世話になりました。 いろいろとお気遣いい

記事を読む

070814_1645

赤レンガのベヒシュタイン工場 その5

ベヒシュタイン その音色の美しさ   赤レンガのベヒシュタイン工場 その5

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ホーム  ベヒシュタインその音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12n

記事を読む

30-1-300x225

ベヒシュタイン クラシック118 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタインその音色の美しさ ベヒシュタイン クラシック118 輸入ピアノに興味をもた

記事を読む

PAGE TOP ↑