*

出会い 輸入ピアノ その8 ペトロフ 

公開日: : 最終更新日:2015/09/24 おすすめ記事, ペトロフピアノ

9239cba4.png初代アントニン・ペトロフはボヘミアでピアノ産を開始した。
チェコは音楽家の多い国でヨーロッパの音楽学校と比喩されることもあるそうだ。
また、物づくりの盛んな国民性も良く知られている。
ベヒシュタイン社との関係も深く戦前戦後を通して共同開発を続けてきた経緯もあるようだ。
広大な工場敷地内には木材の自然乾燥場もあり特にペトロフブランドは一貫生産を続けているようだ。
人件費が安いことと企業努力もあってコストパフォーマンスが最も優れている楽器だと思う。
響板の材質やフレームの品質、工作精度どれをとってもドイツのメーカーに匹敵する。
アクションルーツがウィーン式になるので、ベーゼンドルファーにも共通する木の響きが特徴である。
2003年以降民営化とともに特にアクションの革新が行われタッチや耐久性も格段にアップした。
出会いは古い小型アップライトだったと記憶する。
この時代のアップライトはアクション調整に苦労させられたが、和音が立ち上る響きの素晴らしさは今と変わらなかった。

おすすめ記事

関連記事

fabrik_alt[1]

ザウター社の歴史 ~師匠はモーツァルト・ベートーベンのピアノ製作者~

Johann Grimm(初代) ◎1人の手工業職人が夢を描く ヨハン・グリム(初代 1795年

記事を読む

DSCF3079-225x300

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は社団法人 日本ピアノ調律師協会(当時)会報に投稿された文章を一部変更

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

DSC_0543-e1417747099231

SAUTER  製造年 -製造番号

1819 -1    J.GRIMM 1967 -39200 2

記事を読む

墨田区にザウターの納品に行った。

墨田区にザウターの納品に行った。 東京スカイツリーも東京タワーより高くなっていました。 上海の電

記事を読む

PAGE TOP ↑