*

ベヒシュタインが自社工場にてハンマーヘッドの製作を開始 記者:カーステン デューラー -1 輸入ピアノ BECHSTEIN

公開日: : 最終更新日:2016/10/08 おすすめ記事, ピアノ修理, ピアノ技術関連, ブログ, ベヒシュタインピアノ

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ

IMG_0397―ヨーロッパのピアノメーカーはピアノ製造に必要な部品、特にアクションアッセンブリーとハンマーの製作を外部業者に委託している。しかしベヒシュタインはザクセン州ザイフェナースドルフの工場にて、ハンマーヘッドの自社製造を開始した。この自社製ハンマーヘッドが“ベヒシュタインサウンド“にどのような変化をもたらすのか、新オーナーのステファン・フライムート氏、技術最高責任者レオナルド・デュルチッチ氏、工場長マティアス・ケーニッヒ氏に話を聞いた。

■ステファン・フライムート:ベヒシュタインが独自のハンマーヘッドの開発を始めて2年以上が経過した。数々の失敗を経て、ハンマーヘッドのパーツ組み立てが如何に難しいかを実感したよ。しかし我々の目標は、未来を見据えて永続的なピアノの供給を続けることにある。この精神を念頭に置き、R&Dチームを強化し、巨額の投資をしてきた。
我々経営陣は、サプライヤーから供給されるハンマーヘッドがベヒシュタインクオリティに達していないことを常々感じていたんだ。サプライヤーに我々の意図を理解してもらうのは難しく、状況は全く改善できなかった。
■レオナルド・デュルチッチ:ヨーロッパのハンマーヘッドメーカーの製品は非常にハイレベルですが、製造過程で重要なことが欠けていました。“テストを重ねる”ということです。だから、ハンマーの取付け、整音、品質チェックを素早く行っていくために、自社の技術者に任せることにしました。
■ステファン・フライムート:私に言わせれば、ハンマーヘッドメーカーの言い分を弁護する余地は全くないね。彼らには改善する意欲がまるでなかった。我々は数台のピアノに新しいハンマーをセットし、整音の専門家による品質チェックを試みた。しかし、この試行錯誤に割いた時間は少し長すぎたようだ。品質に問題があった場合、それが材料あるいは作業工程なのかを特定するのは難しいが、私が求めているものは優れた品質と安定的なサービス供給、それだけだ。
■マティアス・ケーニッヒ:現在楽器は良い管理状態が保たれています。いま私たちは原料から始まり全てのプロセスを、私たちの管理下のもと改善できる状況にあります。ハンマーヘッドでいえば、音の改善のためにフェルトの質量を調整したり、原料や設計を自由に変えることが出来ます。つまりそれは、製造過程の細部にわたり私たちがコントロール出来るという事です。今後ベヒシュタインはハンマーヘッドだけでなく他の部品の細部に至るまで、自在にコントロール出来るようになるでしょう。

IMG_0400

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

IMG_4936

ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った

記事を読む

26-1-180x300

ベヒシュタイン ミレニアム116K 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン ミレニアム 輸入ピアノに興味をもたれた

記事を読む

ベヒシュタインモデル10

C.Bechstein concert10 の調律に行った。 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ C.Bechstein concert10 の調律に

記事を読む

ベヒシュタインの納入調律に行った。

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインの納入調律に行った。 納入して自

記事を読む

070822_1807

赤レンガのベヒシュタイン工場 その12

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

PAGE TOP ↑