*

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -1

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, ブログ

KC4F0181・ハンマーシャンクとは

ハンマーシャンクとは弦を叩くハンマーに接合された細長い棒で、金づちでいう柄の部分のことです。鍵盤を押すとメカニックを通じてハンマーシャンクが持ち上がり、ハンマーが弦を叩く仕組みです。ハンマーシャンクは小さな部品ですが音色やタッチに影響を与える非常に大事なパーツで、材質の選び方や取り付け方を見ても、メーカーの設計思想が浮き彫りになってきます。

材質はカバなどの、比較的しなりやすい木材を用います。しなることにより、打弦位置やハンマーの接弦時間が変わり、それがタッチによる音色の変化を引き起こします。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

ジョルジュ・サンド

ピアノが語ってくれたもの その1~41 輸入ピアノ 総集編

ホーム    以下の文章は一般社団法人 日本ピアノ調律師協会会報に投稿された文章を一部変更した

記事を読む

■輸入ピアノ ハンマーシャンクの工夫 -2

・輸入ピアノのハンマーシャンク取り付け 輸入ピアノは人の手によって作られます。人の手で作ることで、

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

IMG_0302

スタインウェイ 中古 アップライト Z114 STEINWAY&SONS 

ホーム スタインウェイ STEINWAY&SONS スタインウェイ Z114 中古

記事を読む

steinway

スタインウェイシステムのなぞ。なぜスタインウェイ?

ホーム    ハンブルグ・スタインウェイというピアノ。 多くの演奏家が使用し、9割以上の

記事を読む

PAGE TOP ↑