*

■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか? -1

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 おすすめ記事, ブログ

凱旋門Plycar■デジタルピアノはピアノの代わりになりうるか?

・ピアノの価格
平成3年、デジタルピアノの販売台数がピアノの販売台数を超えました。その後開きは益々大きくなり、現在の新品ピアノの販売台数は凡そ1万台。最盛期のヤマハは30万台生産していましたから、その減少ぶりには驚かされるばかりです。
さて、そもそもピアノが全国に爆発的に広まったのは1960年代、ちょうど高度経済成長の頃です。当時は初任給が5年で2倍に膨れ上がるような、今では考えられない生活水準の上昇が続いており、当然それに連れて土地、生活用品、その他様々な物価が上昇していきました。
しかしピアノの価格は上昇しなかったのです。その理由は大量生産方式の確立です。特に人工乾燥設備の充実は、自然乾燥のための時間と費用を一気に縮め、生産コストを大幅に削減することに成功しました。
これにより、高度経済成長前は給料の15倍とも言われていたピアノの価格は、世の中の平均月給が上昇することで相対的に価格が下がり、一般の人でも憧れではなく手が届く贅沢品となりました。

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

鍵盤初動の重さは?

鍵盤初動の重さは? ピアノが語ってくれたもの-その19

ピアノが語ってくれたもの-その19 ハンマー重量のジレンマとフェルトの採用 Q.なるほど、フェル

記事を読む

ハンマーヘッド

ハンマーヘッド ピアノが語ってくれたもの-その18

ピアノが語ってくれたもの-その18 フェルトハンマーが語るピアノキャラクター Q.フェルトハンマ

記事を読む

フェルトハンマー

ハンマー ファイリング ピアノが語ってくれたもの-その36

ピアノが語ってくれたもの-その36 整音とは「発声法」 Q.スタインウェイの整音イメージとは?

記事を読む

ベルリン

ベルリン ピアノが語ってくれたもの-その32

ピアノが語ってくれたもの-その32 西洋は子音の大安売り? A. 例えば、ドイツ語でSchrei

記事を読む

blog_import_501d4684089e6

ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム   ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインアカデミーシリーズといえば・・・

記事を読む

PAGE TOP ↑