*

Q.1 ピアノの鍵盤の標準サイズを知りたいと思っております。-1

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 おすすめ記事, ピアノ技術関連, ブログ, 購入Q&A

サロンでグロトリアンを演奏Q.1 お忙しいところ恐れ入りますが、ひとつ質問があり、ご連絡させていただきました。自分の研究のため、ピアノの鍵盤の標準サイズを知りたいと思っております。調律と直接関係のない件で大変申し訳ございませんが、もしご存知でしたら、教えていただけますでしょうか?
ネットでちらっと見ましたら、標準は
黒鍵:11mm×95mm
白鍵:23mm×150mm
1オクターブの幅:165mm
と書いてあるものもありましたが、これは正しいでしょうか?
別のページには、ドレミの白鍵の幅は22.5mm、ファソラシの白鍵は22.69mm と、微妙に異なるという記述もありましたが、白鍵は全て同じ幅ではないのでしょうか?
我が家のピアノで測定すると、白鍵の幅は22.5mmぐらいのように見えましたが、普通のメジャーでは、0.1mmの差を見るのは無理でした・・・
鍵盤と鍵盤の間にも1mm程度の隙間があるように思えますが、実際のピアノで見ると、隙間の幅も場所によって微妙に異なるように見えます。標準の隙間は何mmかご存知でしょうか?
ご存知の範囲でけっこうですので、お手隙の際に教えていただけますと、大変助かります。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

A.1 白鍵は同じ幅で、標準寸法は88鍵の幅:1225mm 1オクターブの幅:165mm 白鍵:23mm×150mm 黒鍵:11mm×95mmと考えて頂いていいと思います。

ただし、あくまでも標準寸法であって、特別注文制作の細幅鍵盤等を除外したとしても、実際のピアノは時代やメーカーによって微妙に差異があるようです。
私も以前鍵盤を板から作ったことはありますが、実際に鍵盤を作る場合以前は1オクターブの幅:165mmを7分割(23.57・・・mm)で製図して電動丸ノコでカットしていきます。
カットする刃の幅を約1mm(これが隣の白鍵とのクリアランスになります)とすると実測の白鍵幅は仰る通り約22.5mmになります。
かなり以前に一部国産メーカーがクリアランスをぎりぎりの0.6mm位で制作していたこともありましたが、(白鍵幅は22.9mm 88鍵の幅:1224.37・・・mm)現在は約1mmに戻っているようです。
また、以前のニューヨークスタインウェイのクリアランスは若干多めの1.2mm位のようです。(白鍵幅は約22.3mm 88鍵の幅:1223.17・・・mm)
電動工具手作業の時代と違い、現代のピアノ鍵盤はコンピューター制御の工作機械で正確に同じものが出来るようになりました。

それから、標準の隙間(クラアランス)ですが、これもご推察のとおり約1mmということになります。この間隔は使用による摩耗等によってバラツキが出ます。調律師は鍵盤下のフロントピンの微妙な傾きでなるべく均等になるように調律に伺った時に調整します。

さて、白鍵手前の部分はご理解いただけたと思いますが、問題はここからなのです。
白鍵の手前部分の長さは現在はちょっと長めの52mm(実測 白鍵:22.5mm×152mm)が主流になってきていますが、48mmや50mmもあります。
で黒鍵と黒鍵の間の白鍵部分の幅も色々あります。(太い指の方はその違いを感じやすいかも)
黒鍵上面の幅や長さテーパーの角度(前から見た台形の形)も微妙に違います。

これらの理由には時代による材料の不足や技術者の思い入れ、鍵盤の文化、当時の演奏者の要求などが考えられます。

また、過去にドレミの白鍵とファソラシの白の前部分の幅が微妙に異なる鍵盤が工作精度は別として過去に存在しないとは言い切れませんが、黒鍵と黒鍵の間の白鍵部分は確かに理論上幅が異なりますが、前部分の幅が異なることは現代のピアノではないと思われます。

我々調律師は0.02mm~0.05mmの精度で高さと深さを調整しようと試みています。
その変化をピアノは表現し人は感じるからでしょう。
ただ、別の角度から見たら黒鍵と白鍵の高さの差異は約12mmもあるんです。
多少の隙間や幅の違い、長さの違いも認識して包み込んだうえで0.02mmの違いを感じ取れる人とピアノの関係はとても素敵だと思います。

お問合せフォーム:ピアノ・パッサージュ

ピアノパッサージュへのご意見、お問い合わせは下記メールフォームより承っております。下記フォームに必要事項を記入し、送信ボタンをクリックしてください。
※返信までしばらくお時間をいただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
※直接電話での問い合わせをご希望の場合は下記までご連絡ください。
電話:03-5225-1353 (11:00~18:30 月曜定休 祝日の場合は翌日)

   
お名前必須
例:佐藤 一郎
メールアドレス必須
例:abc@mail.ne.jp
郵便番号
例:1120014
住所
例:東京都文京区関口1-1-3
TEL
例:03-5225-1353
ご要望
(複数選択可)必須
 ピアノ見学(試し弾き) ピアノ相談 ピアノ調律 ピアノ修理 ピアノ運送 ピアノ椅子 ピアノ付属品等 その他
お問合せ内容必須

  添付ファイル


鍵盤のサイズに関して

パッサージュメニュー

pick-upおすすめ記事

ブログ

ピアノパッサージュ動画

おすすめ記事

関連記事

steinway

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -5

・ヨーロッパピアノ、ピアノに対する考え方 ヨーロッパピアノメーカーにとって最も重要な事は音色と響き

記事を読む

ショパンの時代のピアノ

ショパンの時代のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その9

ピアノが語ってくれたもの-その9 タッチの種類とサウンドポイント Q.タッチについて具体的に話し

記事を読む

新旧スタンウェイ

スタインウェイ 129才スクエアー newB-211 78才ルイ15世 ピアノが語ってくれたもの-その34

ピアノが語ってくれたもの-その34 アナログ的ピアノ製作 Q.ところで、ピアノ製作の現状は悲観的

記事を読む

フレーム サーフェーサー

ピアノフレーム サーフェーサー処理 ピアノが語ってくれたもの-その13

ピアノが語ってくれたもの-その13 ウィーン式アクション(ウィンナーメカニック) Q.ウィーン式

記事を読む

ルーブル美術館

ルーブル美術館 ピアノが語ってくれたもの-その3

ピアノが語ってくれたもの-その3 異なるアプローチ Q.アプローチと言うと? A. 例えば調律

記事を読む

1313
サロン・ド・パッサージュ「男のコンサート」Vol.36  2019年10月14日(月祝) 開演13:00 入場無料!

thumbnail_IMG_2502
今月のお勧めピアノ スタインウェイ F-104 ハンブルグ ウォルナット 艶消

201904秋のサロンコンサート_page-0001
サロン・ド・パッサージュ 秋のサロンコンサート 「歌とピアノと朗読と」2019.9.29

201909太田太郎ピアノリサイタル_page-0001
サロン・ド・パッサージュ 太田太郎ピアノコンサート 2019.10.13 プログラム決定しました。

thumbnail_IMG_7399
ベヒシュタイン 12b の納品調律に行った。

ベヒシュタイン L-165の納品調律に行った。

thumbnail_IMG_2470
杵淵さんのグロトリアンピアノが戻ってきた!

thumbnail_IMG_7378
ベヒシュタイン M-180 の納品に行った。

C.BECHSTEIN L-165 の納品立ち会いに行った。

download
グロトリアン フリードリッヒの納品調律に行った。

blog_import_501d3d12ad8c4
素敵なお仕事 人生に前向きになりより幸せになる能力を身に付ける方法 ピアノレッスン

thumbnail_IMG_2344
C.BECHSTEIN アカデミー A.114 Compact 新品 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

thumbnail_IMG_2326
C.BECHSTEIN コントア R118 新品 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

IMG_1742-300x225
C.BECHSTEIN アカデミー A114 新品 165周年記念モデル 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

C_Bechstein_Concert_D_282_black_pol_open_520x550x72x80
メーカー別おすすめ記事

IMG_1399
C.BECHSTEIN Mod.M-180 黒艶出 1978年製 調整中 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ヤマハ サイレントピアノの納品に行った。

thumbnail_2019-09-15 10-12
先日サロンご利用いただいた、アントニー・シピリ先生からCD頂きました。

thumbnail_IMG_2498
グロトリアン 200 の調律に行った。

→もっと見る

PAGE TOP ↑