*

グロトリアンのシュタイン社長が来てくれた!

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 グロトリアンピアノ

baed68f2.jpgグロトリアンのシュタイン社長が来てくれた!
現代ピアノ製作史の中で重要な位置になるグロトリアン。
製作されているところもドイツのほぼ中心地点「ブラウンシュバイク」。
現社長のシュタインさんがパッサージュのスタッフにピアノ史をレッスン。

おすすめ記事

関連記事

26-1-180x300

ベヒシュタイン ミレニアム116K 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン ミレニアム 輸入ピアノに興味をもたれた

記事を読む

グロトリアン

グロトリアン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その31

ピアノが語ってくれたもの-その31 母音の大安売り A. 子音と母音がペアになって意味が発生する

記事を読む

ショパン プレイエル

ノアンのサロンにあるショパンが暮らしていた当時のピアノ ピアノが語ってくれたもの-その2

ピアノが語ってくれたもの-その2 耳がものさし Q.「整調とは演奏者の自己芸術表現のためのパート

記事を読む

39-1-300x225

ベヒシュタインピアノ工場 ナウ 輸入ピアノBECHSTEIN

ホーム  ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタインピアノベルリン ベヒシュタイ

記事を読む

ハンマーヘッド

ハンマーヘッド ピアノが語ってくれたもの-その18

ピアノが語ってくれたもの-その18 フェルトハンマーが語るピアノキャラクター Q.フェルトハンマ

記事を読む

PAGE TOP ↑