*

グロトリアンのシュタイン社長が来てくれた!

公開日: : 最終更新日:2015/12/13 グロトリアンピアノ

baed68f2.jpgグロトリアンのシュタイン社長が来てくれた!
現代ピアノ製作史の中で重要な位置になるグロトリアン。
製作されているところもドイツのほぼ中心地点「ブラウンシュバイク」。
現社長のシュタインさんがパッサージュのスタッフにピアノ史をレッスン。

おすすめ記事

関連記事

セーヌ川

セーヌ ピアノが語ってくれたもの-その5

ピアノが語ってくれたもの-その5 鍵盤はカートリッジ? Q.調律師の意見の中に「整調全項目を行な

記事を読む

150822_1125

ベヒシュタイン 12b

BECHSTEIN Mod.12b 明るい色のウォルナット。 軽いタッチと響きの奥深さが魅力的で

記事を読む

オルセー美術館

オルセー美術館 ピアノが語ってくれたもの-その4

ピアノが語ってくれたもの-その4 弓 Q.本来、ピアノとオルガンを除いて自分の楽器の調律は演奏者

記事を読む

フレームサーフェーサー2

ピアノフレーム サーフェーサー処理-2 ピアノが語ってくれたもの-その14

ピアノが語ってくれたもの-その14 インハーモニシティー Q.それでは、次に、弦設計(メンズレー

記事を読む

フレーム シーズニング

ピアノフレーム シーズニング ピアノが語ってくれたもの-その11

ピアノが語ってくれたもの-その11 ピアノのスタイル Q.ピアノのスタイルとはメーカーのことでし

記事を読む

PAGE TOP ↑