*

久保田チェンバロ工房に寄った。その3

公開日: : 最終更新日:2015/10/16 ピアノ史

blog_import_501d6a088cee3久保田チェンバロ工房に寄った。その3
壁にチェンバロの脚や装飾の治具(部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称だそうです)が並べてある。
これだけでもすごい財産だなぁ・・・。

おすすめ記事

関連記事

Bechsteinプレミアム B116 CONPACT の調律に行った。

Bechsteinプレミアム B116 CONPACT の調律に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   Bechsteinプレミアム

記事を読む

blog_import_501d59c6666ca

「BECHSTEIN・ナウ」その28 出荷整音と調律 グランドピアノ

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]   出荷整音

記事を読む

フレーム サーフェーサー

ピアノフレーム サーフェーサー処理 ピアノが語ってくれたもの-その13

ピアノが語ってくれたもの-その13 ウィーン式アクション(ウィンナーメカニック) Q.ウィーン式

記事を読む

101020_1809~01

ベヒシュタイン 12b チッペンデール 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ 輸入ピアノに興味をもたれたきっかけは?  まず、国産の

記事を読む

blog_import_501d45823ea21

知ってる?ベヒシュタインはロンドン製があったのだ!!

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN[/intlink]  知ってる?ベ

記事を読む

PAGE TOP ↑