*

久保田チェンバロ工房に寄った。その3

公開日: : 最終更新日:2015/10/16 ピアノ史

blog_import_501d6a088cee3久保田チェンバロ工房に寄った。その3
壁にチェンバロの脚や装飾の治具(部品や工具の作業位置を指示・誘導するために用いる器具の総称だそうです)が並べてある。
これだけでもすごい財産だなぁ・・・。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d61e7ed680

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その3

グロトリアンに行ってきた その3 さてさて、ドイツは遠い。地球はでかい! 私の恩師調律師の中には

記事を読む

blog_import_501d63f260c62

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その 11

ゼーゼンに行った! キッチンピアノが作られた建物はもうない。 現在の町の中心から少し離れたところ

記事を読む

blog_import_501d63d29df96

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その14

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その14 これも貴重な写真だ。H.E.シュタインヴェ

記事を読む

blog_import_501d6071b857e

グロトリアン・ファミリーという考え方・・・。

グロトリアン・ファミリーという考え方・・・。 音楽が好きでピアノが好きでそれぞれの立場でグロトリア

記事を読む

blog_import_501d63df9b524

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その15

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その15 1859年には、工場をブラウンシュバイクの

記事を読む

PAGE TOP ↑