*

グロトリアン技術者セミナー

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 グロトリアンピアノ

90fd9550.jpgグロトリアン技術者セミナー
先日 グロトリアンのスタイン社長来日を受けて、技術者対象のセミナーをパッサージュで行った。
最初は当社サロン担当の筒井君の演奏で始まった。
楽器はグロトリアングランドピアノ208だ。
84b17316.jpg限定20名の会で、内容も濃くアクションを出してのスタイン社長の説明にはみなさん大変興味深く耳を傾けられていた。
日本のコンサートチューナーの第一人者であり、多くの優秀な弟子を輩出し、スタインウェイをはじめとして、日本人のコンサート技術を世界に認めさせた故・杵淵直知さんがヨーロッパで最初に学んだ一流工場はグロトリアンだったのだ。
「ヨーロッパの本物の音の秘密は何か?」彼の書簡集の中からも多くの魂の叫びとも言える探究心が今でも迫力とともにうかがえる。
ピアノはまだまだ奥が深いのだった。

おすすめ記事

関連記事

大人のピアノ時代

大人のピアノ時代!!ピアノが語ってくれたもの-その41

ピアノが語ってくれたもの-その41 結論 Q.長い間、お疲れ様でした。整調の必要性から、基準寸法

記事を読む

フレーム 錆落とし

ピアノフレーム さび落とし ピン穴開け ピアノが語ってくれたもの-その12

ピアノが語ってくれたもの-その12 歴史が語るピアノキャラクター Q.ルーツを訪ねて、今を知るっ

記事を読む

サンド

ジョルジュ・サンド ピアノが語ってくれたもの-その1

ピアノが語ってくれたもの-その1 整調(ピアノアクション調整)の必要性について Q.最初に整調の

記事を読む

ノアン ショパンの部屋

サンドの別荘 ショパンの部屋 ピアノが語ってくれたもの-その8

ピアノが語ってくれたもの-その8 演奏者のスタイル Q.演奏者によって好みのタッチがあるのでしょ

記事を読む

オルセー美術館

オルセー美術館 ピアノが語ってくれたもの-その4

ピアノが語ってくれたもの-その4 弓 Q.本来、ピアノとオルガンを除いて自分の楽器の調律は演奏者

記事を読む

PAGE TOP ↑