*

ファツィオリにいった!

公開日: : 最終更新日:2015/12/12 ファツィオリピアノ

a29d4cb5.jpgファツィオリにいった!
ファツィオリの創始者パウロ・ファツィオリ氏がイタリアの楽器店での経験から自身でピアノを製作しようと考えた決意した時から何年経つのだろう?
現在東京の田町にある日本総代理店には最高級ピアノが展示中だ。
ピアノファンなら一度は弾いてみることをお勧めする。
da10f27b.jpgワイル社長の話では試弾でも大歓迎だそうだ。
ちょっと高級すぎて…。などとご心配されることはないようだ。
当社からご案内も可能だ。
ぜひ見に行こう!ブーニンさんも使っていることだし…。
ショパンコンクールも近いことだし…。

おすすめ記事

関連記事

ベヒシュタイン

ベヒシュタイン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その30

ピアノが語ってくれたもの-その30 使用言語における母音の位置と意味 Q.フランス語もドイツ語も

記事を読む

ザウターピアノ1

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -3

・輸入ピアノと国産ピアノの違い ヨーロッパピアノは日本だけでなく北南米、アジア諸国にも輸出されてい

記事を読む

フレームサーフェーサー2

ピアノフレーム サーフェーサー処理-2 ピアノが語ってくれたもの-その14

ピアノが語ってくれたもの-その14 インハーモニシティー Q.それでは、次に、弦設計(メンズレー

記事を読む

ひまわり フランス

フランスのひまわり畑 ピアノが語ってくれたもの-その7

ピアノが語ってくれたもの-その7 3つのスタイル Q.鍵盤調整が重要なのは分かりました。 さて

記事を読む

26-1-180x300

ベヒシュタイン ミレニアム116K 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン ミレニアム 輸入ピアノに興味をもたれた

記事を読む

PAGE TOP ↑