*

近代ピアノのルーツ・グロトリアンに行ってきた その 11

公開日: : 最終更新日:2016/08/04 グロトリアン・ストーリー

blog_import_501d63f260c62ゼーゼンに行った!
キッチンピアノが作られた建物はもうない。
現在の町の中心から少し離れたところに町のマークになっている建物と博物館があった。
blog_import_501d63b865b84
ここがグロトリアンとスタインウェイの原点なのだ。
改装中で見学は出来なかったが、記念の地として両方のピアノが展示され、町の誇りとともに伝えられていくだろう。
当時の建物は白黒写真で何とか残っていた。これはグロトリアン社に伝わる資料に見ることができる。スタイン社長はすべて大戦でなくなったと言いながら、古い写真を詳しく説明してくれた。なんや?ないない云いながら、結構すっごい写真や資料がのこっとるやんけ!やっぱドイツ人って几帳面やなぁ…。
これもグロトリアン社の許可が出たら、お知らせしたい。

グロトリアンに行ってきた 総集編

おすすめ記事メニュー

おすすめ記事 ピアノサロン
 
おすすめ記事 ベヒシュタイン
 
おすすめ記事 グロトリアンピアノ
 
おすすめ記事 ザウターピアノ
 
おすすめ記事 ペトロフピアノ
 
おすすめ記事 スタンウェイ
 
その後のお付き合い
 
ピアノ製造番号
 
ピアノが語ってくれたもの
 
ピアノパッサージュチャンネル動画

おすすめ記事

関連記事

IMG_3798

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消マホガニー艶出 仕様:ペトロフ P118P1 ウォルナ

記事を読む

blog_import_501d3d7473dff

なぜ?ペトロフ? その1 ルーツと使用目的

なぜ?ペトロフ? その1 ルーツと使用目的 ペトロフのルーツは「南ドイツ・ウィーン派」です。 南

記事を読む

9-1-300x209

ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ロマンティックトーン ペトロフ 見学 ペトロフが出来るまで ペトロフ展示ピアノ

記事を読む

■輸入ピアノ ベヒシュタイン 正規取扱店 -2

・ヨーロッパピアノを選ぶということ  ヨーロッパピアノを選ぶという事は、国産ピアノを選ぶことと比べ

記事を読む

blog_import_501d3d7473dff

なぜ?ペトロフ? その9 チェコのピアノ作り 第1次大戦

なぜ?ペトロフ? その9 チェコのピアノ作り 第1次大戦 第1次世界大戦中(1914~1918年)

記事を読む

PAGE TOP ↑