*

グロトリアンの整音は…。

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 グロトリアンピアノ

blog_import_501d605544233グロトリアンの整音は…。
ザンバルト・メソッドに基づき作業されるそうだ。
これはフライブルク在住のピアノマイスター ザンバルト氏の理論を踏襲したやりかたで、グロトリアンの力強い低音や豊かな中音の響きに最も合ったメソッドとして数年前から採用されているそうだ。
グロトリアンの出荷整音チェックを一手に引き受けている中島さんが講師をしてくれた。詳しくは後ほどに譲るが、スタイン社長の4月来日に合わせてピアノパッサージュでセールスプレゼンテーションをお願いしたので、それまでにはまとめないと…。汗!!

おすすめ記事

関連記事

グロトリアン

グロトリアン in Germany ピアノが語ってくれたもの-その31

ピアノが語ってくれたもの-その31 母音の大安売り A. 子音と母音がペアになって意味が発生する

記事を読む

ベヒシュタイン クラシック118

■ベヒシュタイン12nとベヒシュタインクラシック118 -3

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ・12nとclassic118の価格 12nは16

記事を読む

スタジオB グロトリアン208

■輸入ピアノと国産ピアノの違いと特徴 -4

・国産ピアノ、ピアノに対する考え方 どんなモノでもたくさん作ってたくさんの人に使ってもらうことを考

記事を読む

IMG_1402

C.BECHSTEIN 新品 Newアカデミー A112 輸入ピアノ ピアノパッサージュ

ベヒシュタイン Newアカデミー A112 高さ112センチでありながら その表現力の豊かさ、音量

記事を読む

IMG_0231

輸入ピアノ 現在楽しく、悩ましくピアノ選び中です。

ベヒシュタイン その音色の美しさ[/intlink]   Q:現在楽しく、悩ましくピア

記事を読む

PAGE TOP ↑