*

プレイエルグランドピアノの特徴

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 ピアノ調律

080914_1122~0001

プレイエルグランドピアノの特徴
1974年以前の作成のプレイエルグランドはとても個性的なのだ。
まず、ハンマーフレンジの部分は真鍮の無垢。
ハンマーのセンターピンは俗称「串刺し」のセクションごとに一本のタイプ。
これには、調律師も一瞬閉口する。スティック(湿気等による動作不良)が起きたらどうすんのよ?
これには解決策が用意されているのだ。小さなマイナスねじで一本一本を微調整してハンマーの動きをコントロールできるのであーる。ミッキーマウスに見える耳の部分でっす。
うーむ!芸術品ですな。

おすすめ記事

関連記事

blog_import_501d5b0370e66

ベヒシュタインの納品に行った。

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   ベヒシュタインの納品に行った

記事を読む

IMG_4936

ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン コントア118の納入調律に行った

記事を読む

070918_0941

赤レンガのベヒシュタイン工場 その18

ベヒシュタイン その音色の美しさ BECHSTEIN   赤レンガのベヒシュタイン工場

記事を読む

30-1-300x225

ベヒシュタイン クラシック118 輸入ピアノ BECHSTEIN

ベヒシュタイン その音色の美しさ ベヒシュタイン クラシック118 輸入ピアノに興味をも

記事を読む

ベヒシュタインが自社工場にてハンマーヘッドの製作を開始 -3 輸入ピアノ BECHSTEIN

ホーム ベヒシュタイン その音色の美しさ 結果:より良い響きへ 最終的に大切なのはその音

記事を読む

PAGE TOP ↑