*

プレイエルグランドピアノの特徴

公開日: : 最終更新日:2015/10/15 ピアノ調律

080914_1122~0001

プレイエルグランドピアノの特徴
1974年以前の作成のプレイエルグランドはとても個性的なのだ。
まず、ハンマーフレンジの部分は真鍮の無垢。
ハンマーのセンターピンは俗称「串刺し」のセクションごとに一本のタイプ。
これには、調律師も一瞬閉口する。スティック(湿気等による動作不良)が起きたらどうすんのよ?
これには解決策が用意されているのだ。小さなマイナスねじで一本一本を微調整してハンマーの動きをコントロールできるのであーる。ミッキーマウスに見える耳の部分でっす。
うーむ!芸術品ですな。

おすすめ記事

関連記事

DSC_0396-977x550

PETROF  P131M1 

PETROF P131M1 ペトロフのアップライトフラッグシップモデル。 ダイナミックレンジが広

記事を読む

IMG_3798

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消

ペトロフ P118P1 ウォルナット艶消マホガニー艶出 仕様:ペトロフ P118P1 ウォルナ

記事を読む

PETOROF C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。

ペトロフP118C1 ウェルナット艶ありの納品に行った。 今日からコーラスの伴奏の練習が楽しみです

記事を読む

ペトロフ

ペトロフ ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ペトロフ&ホフマン比較試弾会  ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン 見学 ペトロ

記事を読む

9-1-300x209

ペトロフピアノの歴史 ロマンティックトーン ~響きの美しさ~

ロマンティックトーン ペトロフ 見学 ペトロフが出来るまで ペトロフ展示ピアノ

記事を読む

PAGE TOP ↑